ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
天の鹿
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

天の鹿

作: 安房 直子
絵: スズキ コージ
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

安房直子の名作がついに復刊です!

鹿狩りの猟師の三人の娘がそれぞれ、不思議な鹿に連れられて鹿の市場に行き買い物をする。
幻想的で美しいお話しです。

初版は1979年、筑摩書房より刊行。

若き日のスズキコージによる素晴らしい装丁・挿絵も見逃せません。

ベストレビュー

神宿る、山の不思議。

鹿撃ち名人の猟師、清十さんは不思議な鹿と出会う。
ものをいう、鹿だ。
名人の清十さんでも、撃つに撃てないような気高さを持った立派な牡鹿。

命と引き替えに鹿の市へ連れて行き、何でも買える金貨を1枚くれた。

なんとも不思議なお話なのだが、神が宿り、天狗もいるといわれる山の中。
こんなこともあるかも知れない、と思う。
山に生きる清十さんが素直に受け入れているから、読む方もすんなりと入っていけるのだろう。

鹿はあるものを探し続けて、清十さんの娘三人を次々と誘って鹿の市へ連れて行く。
三人それぞれの性格がしっかりと書き込まれていて惹きつける。

このお話は、ハッピーエンドなのだろうか。
切ないラストなのだろうか。
読む者に委ねられているようだ。

安房さんの魅力的なお話に、スズキコージさんの絵が非常に効果的だ。
色彩のない版画のようなの絵が、より多くの想像を広げている。
(ちゅら。さん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安房 直子さんのその他の作品

みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ / 偕成社文庫 北風のわすれたハンカチ / 風のローラースケート 山の童話 / みどりのスキップ / ゆきひらの話

スズキ コージさんのその他の作品

らくごえほん 月きゅうでん / 3びきのくま / しりたがりやのこねこのポコ / 戦争と平和のものがたり(5) やわらかい手 / なく、おこる 五感のえほん1 / ぶたのぶたじろうさん(12) ぶたのぶたじろうさんは、あいたいとうげへでかけました。



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

天の鹿

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット