パパのぼり パパのぼり
作・絵: きくち ちき  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
お父さんと一緒に遊びたくなる!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ボリボン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボリボン

  • 絵本
文・絵: マレーク・ベロニカ
訳: みやこうせい
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ボリボン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年09月
ISBN: 9784834018820

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から
関連
「ラチとらいおん」

出版社からの紹介

いたずらっ子のガビは、お医者さんごっこで、ぬいぐるみのくまのボリボンのおなかをはさみでじょきじょき切ってしまいました。さて、ガビが、遊びから帰ってみると、ボリボンが見あたりません! いったい、どこへ行ったのでしょう? たんすの中にも、ベッドの下にも、りんごの木の上にも、暖炉の上にも、地下室にもいません。きっと、にげだしたにちがいありません。ガビは、ボリボンをさがしに出かけます。でも、ボリボンは、山にも、川にも、森にも、野原にもいません。ボリボンは、山からころげおちたのでしょうか、川でおぼれたのでしょうか、森で迷子になったのでしょうか、それとも、おおかみに食べられてしまったのでしょうか? かわいそうなボリボン! ガビが泣いていると……。
 『ラチとらいおん』でおなじみのハンガリーの絵本作家、マレーク・ベロニカさんが、40年以上前の処女作を、日本の読者のために、このたび全面的に描きなおしてくれました。

ボリボン

ベストレビュー

おかあさん

おかあさんの態度がとても素敵でした。悪戯っこのカビに、くまのぬいぐるみを手渡し、「このボリボンと遊びなさい」と。ボリボンと着せ替えごっこをして遊ぶカビには普通の男の子のように思いました。実は私も物を粗末にしているつもりはないのですが、よく壊すほうなのでカビに似ています。カビがお医者さんごっこをして、ボリボリのお腹をはさみで切ってしまったことはないですが、ただ遊び方を知らなかっただけ、お医者さんだからついついそうなってしまったかなあって思いました。ボリボリがいなくなると捜しに出かけたり心配して反省して涙を流しているから優しい男の子だと思いました。ボリボリのお腹を縫って、
「なかよくあそんでね」と一言言うおかあさんがとても素敵でした。
もう、カビには物を大切にすることも充分にわかっているから、おかあさんも自分から気づくのを見守っていたのですね!とても素敵なお母さんに感動しました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マレーク・ベロニカさんのその他の作品

くまのブルンミ とんとんだあれ? / ブルンミのねこ / あなたがちいさかったころってね / おはなしよんで、アンニパンニ! / くだもの だいすき! / のりものにのって

みやこうせいさんのその他の作品

農家になろう(1) 乳牛とともに / サンタクロースとぎんのくま / もしゃもしゃちゃん / 魔女に会った



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

ボリボン

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 41人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット