しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
そらとぶテーブル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そらとぶテーブル

作・絵: ささき まき
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「そらとぶテーブル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年9月10日
ISBN: 9784834018806

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から

出版社からの紹介

暑い暑い夏の日、きのこちゃんと犬のイワンは空き地にテーブルをみつけました。ふたりがぴょんと飛び乗って、あまりの暑さにイワンが一言、「いってみたいな、南極へ」とつぶやきました。すると! ふたりを乗せたテーブルは、ぴゅーっと空を飛んで、着いたところは、ほんとの南極。南極で出会ったペンギンに、ふたりは「いきたいところある?」と聞きました。ペンギンが「いってみたいな、迷路の中」と答えたとたん、テーブルはぴゅーっと空を飛んで、迷路に到着。迷路には、おや、こぶたが……。テーブルは次々と、みんなを行きたい場所に連れて行ってくれます。さあ、次は、どこで、だれと会えるのかな? ページをめくるたびに、どきどき、わくわく。
『ぼくとねずみのいそげ、じどうしゃ!』など、楽しい冒険絵本でおなじみの佐々木マキさんが、今度は女の子を主人公にして、思いっきり愉快な冒険絵本を創ってくださいました。

ベストレビュー

飛んで欲しい〜

佐々木さんの絵本は楽しい気持ちになれる
絵本が多いですね。
今回も3歳の息子に図書館で借りてきました。

テーブルにのって行きたい場所を言うだけで
連れていってくれる。
なんという夢のテーブル!
我が家にも欲しいです。

最後はさてさてどこに行くかは読んでからの
お楽しみということで★

(たみのかさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

ささき まきさんのその他の作品

おばけとぼく / ねむいねむいねずみのあまやどり / おばけがぞろぞろ / ねむいねむいねずみのうみのぼうけん / ねむいねむいねずみともりのおばけ / ねむいねむいねずみとなきむしぼうや



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

そらとぶテーブル

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.23

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット