モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
ジャックとまめの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジャックとまめの木

作: 神宮 輝夫
絵: 片山健
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ジャックとまめの木」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ひと晩で天までのびた豆の木をのぼって、ジャックは運だめしに出かけます。たどりついた天の上には、大男がおかみさんとくらしていました……イギリス民話。

ベストレビュー

お母さんがこわい

息子がよく借りてくる講談社の絵本世界のおはなしシリーズ6です。

最初絵だけを見て、ジャックのお母さんが大男の顔より怖いのに驚きました。ジャックが牛と豆の種を交換してくるのですから、お母さんが怒るのは当然と言えますが、こんな顔で怒られたら怖いです。

絵が片山健、エネルギッシュで勇敢なジャックをうまく表現していると思います。

私が気になったのは、ジャックが切り倒した豆の木で大男は死んでしまいますが、雲の上に住んでいた大男のおかみさんはどうなったのでしょう?

ジャックにご飯をあげたりかくまってあげたりと気のいいおかみさんだっただけに無事なのかが気になりました。

毎晩息子と5冊ほど絵本を読んでいるのですが、この日読んだ絵本の中ではダントツこの絵本が息子の記憶に残ったようです。絵がインパクトがあるだけに記憶に残る本だと思いますよ。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

神宮 輝夫さんのその他の作品

だいじなはこをとりかえせ / 2るいベースがぬすまれた?! / ペット・コンテストは大さわぎ / タマタン / フルダー・フラムとまことのたてごと / ベロニカとバースデープレゼント

片山 健さんのその他の作品

あったかいな / だーれもいない だーれもいない / きはなんにもいわないの / ぼくからみると / とくんとくん / ねむねむくんとねむねむさん



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ジャックとまめの木

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット