あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
お月お星
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

お月お星

  • 絵本
絵: 浅倉 摂
語り: 鈴木 サツ
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,262 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年2月6日
ISBN: 9784916016027

上製 21x21cm オールカラー


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ある日継母に捨てられた姉を助けるためにお星はひとりで山にでかけました。

読み聞かせ絵本シリーズ・第1巻  ●監修:川崎洋

ベストレビュー

恐ろしい継母

日本の昔話というと、大抵読んだことがあるというようなものが多いのですが、これは初めてでした。

継母が継子をうとんじるというお話は古今東西ありますし、不思議ではないのかもしれませんが、

この継母、結構恐ろしかったです。

海外の昔話だと、継母にいじめられている子が、姉あるいは妹のどちらかがいじめられていても、いじめられていない子は知らん顔をしているか一緒にいじめるようなものが多いのですが、このお話かはそこが違っており、

そこが日本的かどうかはわかりませんが、お星の優しさを感じました。

昔話の場合は、継母としてあっても実は実母であったという昔話の深層もよく聞きます。

気性の合わない子どもを育てる親側の苦労や、親の業を感じました。

誰しもこうした激情を心の中に抱えて、普段は表に出さないだけなのかもしれません。

語りを絵本にしたもので、読み聞かせは難しかったです。

ボランティア仲間で、この話のCDを聞いたことがあるという方がいたので、その方に最初のくだりだけイントネーションを教えてもらいました。

少し練習して息子に読み聞かせしてみましたが、難しかったらしく、私が今の日本語に直して補足しながら読み聞かせをする格好になりました。

本物の語りで聞いてみたいお話だと思います。

継子ものではありますが、最後はほっとする終わり方であったのが救われました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

鈴木 サツさんのその他の作品

瓜子姫っこ / ふるやのもり / 天さあがった男 / 狐とかわうその知恵くらべ



「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

お月お星

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット