もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
新装版 はんぶんのおんどり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

新装版 はんぶんのおんどり

  • 児童書
作: ジャンヌ・ロッシュ=マゾン
絵: 堀内 誠一
訳: 山口智子
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年09月09日
ISBN: 9784907613129

上製カラー 70P


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

はんぶんのおんどりジョウは、まっぷたつにされ片方だけが生き残った不思議な鳥。昔話の楽しさをいかしたフランス童話絵本の復刊。
1996年9月9日初版発行。

ベストレビュー

スケールを感じるお話

名古屋市立図書館のおすすめ幼年童話70にありました。

でも、私の市の図書館では閉架でした。

子どもたちの目に触れる場所に置いていないのが寂しかったです。

この本を閉架にしておくのはもったいないです。

「長靴をはいた猫」や「ランパンパン」もしくは「かたあしのひよこ」をベースにしたと思われる昔話のテイストをうまく盛り込んだお話だなあと思いました。

最初、相続の関係で半分にされるというのに、残酷さを感じましたが、その後の展開にスケールを感じました。

幼年童話になっていますが、高学年でもおもしろく読めそうです。

読み聞かせをして思ったのは、一人読みできる年齢でもこのお話は、誰かに読んで耳で聞くと楽しそうということでした。

この作品が生まれた経緯を深く知りたくなりましたが、作者の紹介によれば「伝承文学に親しんだ」ということ。

読んでいるとその経験がよく活かされていることがわかります。

そして、「りすのゲルランゲ」と同じ作者なんですね。他の作品も読んでみたくなりました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジャンヌ・ロッシュ=マゾンさんのその他の作品

はんぶんのおんどり / おそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ

堀内 誠一さんのその他の作品

ぼくの絵本美術館 / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / ほんとうのおにごっこ / へんな どうぶつえん / おしろが あぶない / おだんご だんご

山口智子さんのその他の作品

ニコラのすてきな夏休み



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

新装版 はんぶんのおんどり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット