ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
むぎわらぼうし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

むぎわらぼうし

  • 絵本
作: 竹下 文子
絵: いせひでこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「むぎわらぼうし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年5月20日
ISBN: 9784062017893

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

なつのあいだ、ずっとかぶっていたむぎわらぼうし……。しおかぜのしみこんだしろいむぎわらぼうし……そのむぎわらぼうしが、もういちどるるこをなつのうみにさそいます。

ベストレビュー

帽子の破れ目から出て行ってしまった夏

9月。日中は相変わらず気温が上がって暑さが続きます。でも、風の感じ、空の色、庭の表情…どこかしら、夏休みの頃とは違っている気がします。日差しにしたって、盛夏のそれと比べたら、いくぶん衰えているような。

町をゆけば、すれ違う人の中に長袖を装った姿がちらほら見えて。だけど、楽しくて大好きだった夏が移ろいゆくことなんて考えたくなくて…大切な思い出の数々もが、いっしょにどこか遠くへ去ってしまうような感じがするのを否定したくって、まだまだ半袖のシャツに手をとおし、夏じゅうどこへ行くにもかぶっていった、お日様の匂いをたくさん吸い込んだ麦わら帽子に手を伸ばしてしまうの。

絵本の扉を開けると、空に向かって、あるいは去りゆこうと裾をひるがえす夏の精に向かってか、長く伸びた腕のような枝をゆうらゆうらと振りつづける秋口のサルスベリが印象的なのです。
そして、波打ち際にそうっとしゃがんで、繰り返し寄せては引いてゆく波に映る太陽の光を、目を細めながら眺めつづけていた小さい頃の自分に会えるのがなつかしい。…聞こえてくるよ、あの夏の日の波の音。

破れたつばの縫い目から出て行ってしまった夏。麦わら帽子のひなたの匂いは、楽しかった夏のひとこまひとこまを、何から何まで思い出させてくれます。心地よくいい匂い。だけどせつない匂い。
(あしたはいい日さん -・絵本紹介サイト )

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

いそげ! きゅうきゅうしゃ / ぜんまいじかけのトリュフ エピソード1 / しゃっくりくーちゃん / きみは ライオン! / まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり

いせひでこさんのその他の作品

グレイのものがたり / ねぇ、しってる? / はちみつ / 幼い子は微笑む / おさびし山のさくらの木 / わたしの木、こころの木



おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

むぎわらぼうし

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット