ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ディンマリンのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ディンマリンのおはなし

作・絵: グズムンドゥル・トルステインソン
訳: はじあきこ
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年11月15日
ISBN: 9784916016621


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

アイスランドの子どもの本で小さなお姫さまディンマリンの物語ほど、何十年もの間、読みつがれているものは、ほかにないでしょう。

ディンマリンのおはなし

ベストレビュー

小さな女の子だった時にタイムスリップ

子どもの夢というのか願いの一つに、大きくなったらいい子になるという思いがあるような気がします。

昔話の中でも優しくて気立てのよい子は幸せになります。

児童書の中でも、いいことをしているつもりなのに、なぜか違った方向に行くという子どもたちがたくさん出てきますが、その子たちもいい子になりたいという思いはあります。

この絵本の中にディンマリンがどんなに優しくて素直かということが繰り返し出てきます。

それで思い出したのは、子どもの頃、私も優しいいい子になりたいと願っていたこと。

どんな子どもも善なる方へ向かって成長しようとする資質を持っていて、環境によってはそれが発揮できないこともあるかもしれませんが。

生まれてきた時にはどんな子もいい子なんですよね。

それならば、育つ家庭では、優しく美しい言葉をかけて育ててあげられたらと思うのです。

絵本や児童書の中には、必ず子どもたちが健やかに育ちますようにという願いがあると思います。

そんなことを感じながら読んだ本でした。

アイルランドで何十年も読み継がれているお話だそうです。

奇をてらったようなところはなく、ディンマリンの性質そのままに優しく素直なお話であることが、長く読み継がれてきた由縁なのかもしれないと思いました。

読みながら、小さな女の子だった時の自分にタイムスリップしたような気持ちになりました。

そして、同じ出版社から出ている『みにくいおひめさま』や『しろいまゆげのトラ』に出てくる女の子のことも連想しました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

はじあきこさんのその他の作品

やねの上にさいた花



『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

ディンマリンのおはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット