タケノコごはん タケノコごはん
文: 大島 渚 絵: 伊藤 秀男  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
故大島渚映画監督と、抜群のリアリティーを放つ絵本作家、伊藤秀男のコラボレーションでつづる「戦争」と「平和」のメッセージ。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
あれはだれの歌 −やなせたかし 詩とメルヘンの世界−
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あれはだれの歌 −やなせたかし 詩とメルヘンの世界−

  • 絵本
絵: やなせ たかし
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

ISBN: 9784916016577

64ページ 17x20.7cm 上製


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

静かに呼びかけ、そっと傍らにいてくれるような優しさと、
力強い生へのメッセージがこめられた1冊です。

この本の企画を聞いた時とてもびっくりした。よくも悪くもこれはやなせたかしのエキスでアンパンマンの血液みたいな本だと思った。(やなせたかし)

ぼくらはみんないきている?
誰もが口ずさみ元気を貰った歌「てのひらを太陽に」(楽譜つき)をはじめ、
楽しい不思議がたくさんの漫画「Mr.BO」、
この世のさびしさとかなしみを綴った物語「チリンの鈴」など
みんなのヒーロー!アンパンマンの生みの親・やなせたかしが紡ぐ、
詩とメルヘンの世界が溢れています。




ベストレビュー

チリンの鈴

メルマガで紹介されていて興味をもったので買いました。
やなせたかしさんって「アンパンマン」であまりにも有名ですが、それ以外はあまりよく知らなかったのです。

この本は四コマまんがやイラストや詩やおはなしなどいろいろな要素があって、こんなタイプの本も珍しいと思います。
誰もが知っている「ほくらはみんな生きている」がやなせさん作だったのは驚きでした。

私は詩心(?)はイマイチないのでなんとも言えないのですが、一番最後にあった「チリンの鈴」という短いお話は衝撃でした。
何と切ない悲しいお話でありながら、心に深く残りました。
このお話の絵本はないのだろうかと検索したら、ありました。
子供が悲しい気持ちになりそうなので、私ひとりで絵本も読んでみようと思います。
(AAさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

やなせ たかしさんのその他の作品

さわっておしゃべりアンパンマン / それいけ!アンパンマン スーパーアニメブック(2)ドキンちゃんとけむりいぬ / それいけ!アンパンマン シールあそびブック / アンパンマンダイアリー2018 ボーダー / アンパンマンダイアリー2018 ドット / だあれ?



家族みんなでワイワイ遊べるグッズが盛りだくさん!

あれはだれの歌 −やなせたかし 詩とメルヘンの世界−

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット