くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
【フェア開催中!】みんなおめでとう!入園、入学、進級の季節がやってきました♪
トコちゃんとタムくんのはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トコちゃんとタムくんのはなし

作・絵: たかどの ほうこ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「トコちゃんとタムくんのはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年04月
ISBN: 9784752000785

小学校低学年向き
64ページ

出版社からの紹介

なかよしのミーちゃんとけんかしてしまったトコちゃんと、用事をたのまれて知らない道を歩いていたタムくんが出会いました。

ベストレビュー

子どもが共感できる内容

このお話は2部構成で、一話はトコちゃん、ニ話はタムくんの視点から描かれています。同じ日に、少しだけ二人が交流します。
トコちゃんは、仲良しのミーちゃんとペンが元で喧嘩になってしまい、嫌な気持ちで家に帰ります。

タムくんは、美容院で働くお母さんのところに来ていて、お客さんから頼まれた手紙を出しに行きます。

いつもは出会うことのない二人が偶然出会うというのと、お互いのそのときの気持ちがわかるというのがおもしろい設定です。

トコちゃんの話では、喧嘩をした後のいやな気持ちの子どもなりの気持ちの鎮め方が丁寧に描かれているのに共感しました。

タムくんのお話では、働いている母親を持つ子どもの気持ちがよくわかります。

「このまえのにちようび」シリーズは、3冊ありますが、どれも子どもが言葉では表現しきれない気持ちをうまく描き出していると思いました。

子どもが共感できる内容だと思います。

ページ数が63ページなので、大人が読んであげれば、年長さんぐらいから楽しめるお話だと思います。長めのお話に興味を持ち始めたお子さんにお勧めします。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

たかどの ほうこさんのその他の作品

まあちゃんのすてきなエプロン / つきよの3びき / ポンちゃんはお金もち / ペルペルの魔法  / ぜったい くだものっこ / つんつくせんせいとかさじぞう



怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編

トコちゃんとタムくんのはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット