ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ぼくのおじいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのおじいちゃん

作: パム・コンラッド
絵: リチャード・エギエルスキー
訳: たかはし けいすけ
出版社: らんか社 らんか社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,456 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのおじいちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

 ラジエーターの下に忘れられたままねむっていたおふろぼうやのおじいちゃん。おじいちゃんをおこすため、あれやこれやの大作戦。人形たちの愛情物語。

ベストレビュー

おふろぼうやのおじいちゃん 思い出のダンス

おふろぼうやは お風呂のおもちゃでしたが、排水溝のおちてから 新しいお部屋に連れてこられました
ぼく パパ ママ おばあちゃん おまわりさん おいしゃさんとわんちゃん

しきものの近くにほこりまみれでころがっている人形がいました
みんなは気がつきませんでしたが ボール遊びをしていて ボールがラジエターの方へころがり ころがっている人形を見つけたのです
なんと おじいちゃんだったのです。
おばあちゃんは思い出したのです
でも・・・・・・ おじいちゃんは目を開けないのです みんなはどうしたらおじいちゃんが目を覚ますか色々やってみますが・・・・ なかなかうまくいきません 
でも、 ラジエターが蒸気をふきだし 音楽のようにきこえたとき 
おじいちゃんは目を開けて おばあちゃんと二人で思い出のダンスを踊り出したのです
思い出    それはその人の生きた証なのですね
なんとあたたかい 人生の豊かさでしょう 
人形のお話しですが そこには人生模様がつまっているように思えました
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

パム・コンラッドさんのその他の作品

1492年 海のかなたへの旅 / おふろぼうや

リチャード・エギエルスキーさんのその他の作品

めでたし めでたし からはじまる絵本

たかはし けいすけさんのその他の作品

サイレント ナイト / おおいさましいヨークのしょうぐん / ウィリーのそりのものがたり / ふわふわブイブイ気球旅行 / ねずみぬりたて / ねずみ1.2.3.



ミキハウスの宮沢賢治シリーズ、新刊発売記念

ぼくのおじいちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット