ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
オレゴンの旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オレゴンの旅

  • 絵本
作: ラスカル
絵: ルイ・ジョス
訳: 山田兼士
出版社: らんか社 らんか社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「オレゴンの旅」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

 サーカスのクマを森に返す旅に出たピエロのデューク。クマを森に返したそのあとは、今度はデュークがほんとうの自分を見つける旅へ出発するのです。

ベストレビュー

哀愁のある絵本

サーカスで働く、クマのオレゴンとピエロの自分回帰物語です。
自分の故郷に帰りたいオレゴンとともに旅するピエロ。
アメリカ大陸を横断して、二人だけの珍道中ですが、面白いというよりも哀愁を感じました。
クマはクマそのものですが、ピエロは身についてしまった赤い鼻と舞台の化粧が取れません。
ピエロとしての生き方から自分を取り戻せないのです。
道中の工場地帯、モーテルや、ヒッチハイクをしたり列車にのったりと旅風景はどこかしみじみとしていて、自分たちのための旅であることが強調されているように思います。
やっとのことでオレゴンを生まれ故郷のオレゴンに到着させたとき、ピエロの赤い鼻が取れました。
そこからは「ピエロだった」男の旅が始まるのです。
どこを目指すのか、男は背中で語っているようでした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ラスカルさんのその他の作品

まっくろヒヨコ / エヴァ 花の国 / くまのオルソン / はじめての たまご売り



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

オレゴンの旅

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット