宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
こんにちはねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こんにちはねこ

  • 絵本
作・絵: きたやまようこ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年06月
ISBN: 9784251001061

対象年齢 3歳から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

あいつ たかいとこすき。おれ あぶないことしない。--ねこといぬ(自分)を比較する、ちょっとおすましのじんぺい君です。

ベストレビュー

犬と猫の違いがよくわかって楽しい

とても小さい子にも楽しめる本なのですが、大人の私が知らなかった犬と猫の違いがわかりやすく描かれていて感心してしまいました。主人公の犬は、とてもいばっていて猫嫌いなのかと思っていたら、最後にとても心優しいことがわかり、ほのぼのした気持ちになります。
(はなしんさん 30代・ママ 女の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きたやま ようこさんのその他の作品

りっぱな犬になる方法+1 / ねんねのおとがきこえるよ / ここがすき / おつきさまはいちねんせい / 1日1話絵本 うわさのようちえん / うみべのいえの犬 ホーマー



>絵本エイド ―こころにひかりを―

こんにちはねこ

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット