新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

10ぴきのかえるのふゆごもり

10ぴきのかえるのふゆごもり

  • 絵本
作: 間所 ひさこ
絵: 仲川 道子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

「10ぴきのかえるのふゆごもり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1990年10月19日
ISBN: 9784569586137

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
A4判変型上製/32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

はじめての冬がもうすぐやってくるころ、10ぴきのかえるは、どじょうじいさんに「かえるは冬のあいだじゅう、ゆっくりねむってすごすのじゃ」と教えてもらいました。しかし、「そんなのつまらなーい!」と、10ぴきのかえる達は地面の下に冬の間も遊べる“ふゆごもりハウス”をつくることにしました。設計図をかいて、穴をほって、木をはこんで、家具をつくって、食べ物をあつめて……。立派な“ふゆごもりハウス”が完成したようです。そうしてとうとう冬がやってきました。ほかのかえるたちはみんなとっくに寝ていますが、10ぴきのかえる達は……!?

ベストレビュー

設計図

「10ぴきのかえる」シリーズ。
なるほど、初めての冬ごもり体験という訳ですね。
冬ごもりハウスの設計という発想がいいですねえ。
雪の初体験、やはり調べもので、というのが、彼ららしさ。
こんな素敵なハウスなら、眠っている場合ではないですが、
ベッドの心地良さに、つい……。
でも、これはこれで心地良いのですから、ハッピーエンド。
かえるらしい展開がいいですね。
(レイラさん 50代・ママ 男の子30歳、男の子27歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,538円
2,200円
534円
935円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

275円
495円
1,848円
550円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

10ぴきのかえるのふゆごもり

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 37人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら