しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
さいごのまほう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さいごのまほう

  • 児童書
作: 中島 和子
絵: 秋里 信子
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「さいごのまほう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年07月
ISBN: 9784323020143

小学校低学年〜
21.5×15.5cm 94ページ

6〜7歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

もし、魔法が使えて何かにへんしんできるとしたら、そしてそれが最後の魔法だとしたら…、何になりますか?何になりたい?

深い森の奥にたった1人で住んでいるという魔女のおばあさんは、年を取って魔法の力が少なくなっていることに気づき、「いまのうちに、なにかいいものにへんしんしなければ……。」と一生懸命考えます。ほこりたかいおばあさんは、最後の魔法でなんとか『いいもの』になろうと頑張りますが、これがいい!と思ってへんしんしても失敗ばかり。なかなかうまくいきません。そこで『いいもの』を探しに町へ向かったおばあさんの前に現われたのは、小さな男の子。ずっと1人ぼっちだったおばあさんは、男の子がかけてくれた優しい言葉に心を動かされるのでした。

人から優しくしてもらうとその優しい気持ちはつながっていくんだなあと、読み終わった後、心がポカポカ温かくなってきます。『いいもの』って、誰かに褒められようとか、自分がいい思いをしようと思っているうちは、なかなかなれないものなのかもしれませんね。最後におばあさんがへんしんした『いいもの』とは、結局誰にとってのものだったのでしょうか。

1999年の発行以来、たくさんの子ども達に読まれ愛されているこちらのお話は、まだ読み物に慣れていない子ども達でも、表紙を開いた時に現われる大きくて読みやすい文字と楽しそうなさし絵を見たら、すぐに読みたくなってしまうことでしょう。絵本から読み物への橋渡しにもぴったり。魔女のおばあさんのその後のお話が知りたくなったら、続編の「すてきなまじょものがたり」シリーズも続けて読んでみて下さいね。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

ほんのり切なくて、心あたたまるファンタジー。もうすぐ魔法の力が消えてしまう年老いた魔女が、最後に何かいいものに変身しようと考えます。さて…。

ベストレビュー

ちょっと切なく、幸せなお話

8歳になったばかりの息子と読みました。

「さいごのまほう」というこの題名から、
何がどう最後なのか?
とずっと考えながら読んでいた私と息子。

まじょは最後の魔法でなにかいいものになりたくて、
すみれやら、カラスやらに変身しますが、
それぞれに何かと不都合があり、
「いいもの」を探し続けます。

そんなときに出会った、小さな男の子、ゆうくん。
ゆうくんの言葉がきっかけで、
大きな木の下で、ベンチに変身!

と、ここまではなかなか楽しく読めたのですが、
まさかこれが最後とは!

息子も、「ええええ!!!」という感じでした。

それでも、読んでいくうちに、
魔女だけでなく読者も、
そうだ、これでよかったんだ、と思わせてくれる、作品の暖かさ。

数年たってベンチのまわりに公園ができたとき、
そこにいた自転車に乗ってる男の子を見て。
「あっゆうくんが大きくなってる!」と
息子が叫びました。

そうか!これ、ゆうくんなのか!
と思うと、さらに暖かい気持ちになりました。

まじょが魔法を使えなくなって、魔女に戻れなかったのは
老いを感じさせる内容でとても切ないのですが、
それでも、みんなが幸せになれた、さいごのまほう。
大きくなったゆうくんを、魔女もあたたかい心で、
見守ってくれていることと思います。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!

中島 和子さんのその他の作品

わたし 小学生まじょ / ふしぎなやまびこしゃしんかん / まじょねこピピ ほんとうの ごしゅじんさま!? / かばた医院のひみつ / まじょねこピピ ゆめのまじょねこ学校 / えりまきの花

秋里 信子さんのその他の作品

まじょねこピピ まじょねこ見習いしゅぎょう中! / まじょねこピピ ぼくのだいじなともだち / まじょねこピピ ごしゅじんさまはどこ!?  / さよならのまほう / りっぱなおおかみになりたい屋 / まじょになりたい



大きなクスノキには生き物たちがいっぱい!

さいごのまほう

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット