ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
穴
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

  • 児童書
作: ルイス・サッカー
訳: 幸田敦子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784062096454

出版社からの紹介

なぜかオレにはツキがない、と思うすべての子どもとおとなに捧げるいじめられっ子・スタンリーの大逆転劇。
ニューベリー賞・全米図書賞ほか多数受賞。おなかのそこから元気がわいてくる冒険文学!

「まずい時にまずいところに」いたために、代々イェルナッツ家の人々は辛酸をなめてきた。
われらが太っちょスタンリーもまたしかり。無実の罪で、砂漠の真ん中の矯正施設にぶちこまれ、
残酷な女所長の命令で、くる日もくる日も、焼ける大地に<穴>を掘る。
けれどもついに、決死の脱出。どこかにあるかもしれない<約束の地>をめざして、スタンリーは、
黒人少年ゼロとゆく。
五代にわたる不運をみごと大逆転する少年たちの、友情とプライドをかけた冒険物語!

ベストレビュー

一気に読みました

てっきり子供用の絵本だと思っていたら
結構分厚い小説でした。

ですが大人でも、とても楽しい小説です。

時代や、場所が行ったり来たりするし、
人種問題なども含まれることを考えると、奥が深いと思います。

ストーリーは、ついていない男の子スタンリーが、
最後の逆転、幸運をつかむ、爽快なストーリーですが、
小学校高学年の娘に、と、思ったけどちょっとまだ難しいかな?
中学生以上にお勧めです。
(リトルチャロさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルイス・サッカーさんのその他の作品

地獄坂へまっしぐら! / きみの声がききたいよ! / ぼくって女の子?? / ウェイサイド・スクールはますますへんてこ / ウェイサイド・スクールはきょうもへんてこ / どうしてぼくをいじめるの?

幸田敦子さんのその他の作品

講談社文庫 穴 HOLES



「ななちゃんの絵本」シリーズ つがねちかこさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット