ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ふたりのイーダ 新装版
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふたりのイーダ 新装版

  • 児童書
作: 松谷 みよ子
絵: 司 修
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「ふたりのイーダ 新装版」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年
ISBN: 9784062135337

A5判・210ページ

9〜10歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

戦争を知らないいまを生きる子どもたちへ。
原爆の悲劇を語りつぐ名作ファンタジー・新装版

「イナイ、イナイ、ドコニモ……イナイ……。」
直樹とゆう子の兄妹は、おかあさんのいなかの町で、
だれかをもとめてコトリ、コトリと歩きまわる小さな木の椅子にであう。
だれかをさがして歩きまわる小さな椅子の秘密とは?

ベストレビュー

今の子どもたちにこそお薦め

ミステリアスなお話で謎解きのような感覚で読めるのですが、背景には広島の原爆で失われた命、生き残った子どもの奇跡が埋め込まれています。
母とともに母の実家の広島の「花浦」を訪れた直樹とゆう子。
母が仕事で九州に出かけている間に不思議な世界に入り込みます。
古びた家でイーダという女の子を待ち続けるイス。
自分がそのイーダだと思うゆう子。
謎解きとゆう子を現実に戻そうとする直樹。
謎の女性りつ子。
それぞれが重要な役割を果たしていて、りつ子が解き明かした事実はとても重いものでした。
8月6日という日に広島で何が起こったかを考えさせられました。
幻想的な趣向の話ですが、取材と実話に裏打ちされた話ですし、松谷さんの語りが心に響いてきました。
サスペンスの答えを出してしまうと申し訳ないお話です。
新装版としてあり続けるのですが、子どもにも入りやすい、そして大人にも感動のあるお話。
戦争、原爆を過去のものにしないためにも貴重な1冊です。
映画にもなっているようなので、視覚で確かめたいお話です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

ともだち <復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら <復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん / 講談社文庫 ちいさいモモちゃん

司 修さんのその他の作品

かぐ、あじわう / おじぎをしたなつめやしの木 / ラーゲルレーヴのおばあちゃん / 絵本 銀河鉄道の夜 / 雨ニモマケズ / グスコーブドリの伝記



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ふたりのイーダ 新装版

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット