宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ユウキ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ユウキ

  • 児童書
作: 伊藤遊
絵: 上出慎也
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2003年06月25日
ISBN: 9784834006292

自分で読むなら・ 小学高学年から
ページ数: 208ページ
サイズ : 20×14cm

10〜11歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

“転勤都市”札幌の郊外に住むサッカー少年、ケイタ。小学校入学以来、彼の前には「ユウキ」という名の転校生が三度現れ、たくさんの思い出と痛みとを残してまた去っていった。六年生の新学期にやってきた四人目のユウキは、長い髪の女の子。彼女は不思議少女とあだ名され、いろいろな“奇跡”を起こして話題をさらうが、それがやがて彼女を孤立させることになっていく……。多感な子どもたちの心模様を生き生きと描ききった力作。

ベストレビュー

主人公は小学6年生

『つくも神』を先に読んだのですが、ファンタジー系の作品だった『つくも神』とはまた雰囲気が違います。

6年生の新学期を迎えたケイタ。ケイタが今まで仲が良かった友だちは転校生で、漢字は違うもののいつもユウキでした。

サッカー好きなユウキが転校してしまいケイタは転校生が二人あるうちの一人がユウキかもしれないと思うのです。

偶然、次の転校生もユウキでしたが、女の子で想像していたものとは違いましたが、ケイタは転校生の女の子ユウキを見守っていきます。

自然に友だち作りができる低学年と違って、六年生ともなると女の子は転校生でなくても友だち作りがむずかしくなるものだと思います。

ユウキが転校した学校で必要以上に気を回してしまうのは、読んでいて痛々しさを感じました。

ケイタを通じてユウキの様子が描かれていますが、非常に丁寧な描写ですので、わかりやすく、今度四年生になる息子も私が三分の一ぐらい読み聞かせをしたところで、一人で読み始めました。

結局、うちは夫もこのお話を読んで家族で読んだことになります。

『つくも神』『ユウキ』と読んできたので、今度は『鬼の橋』の方へ読み進んでいけたらと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おやさいどうぞ
    おやさいどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★大人気しかけ絵本第2弾・テーマは野菜★おやさいの皮をむいて切って・・・「はいどうぞ」!

伊藤遊さんのその他の作品

福音館文庫 えんの松原 / ポプラ文庫ピュアフル となりの蔵のつくも神 / 狛犬の佐助 / きつね、きつね、きつねがとおる / つくも神 / えんの松原

上出慎也さんのその他の作品

タイムチケット



>絵本エイド ―こころにひかりを―

ユウキ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット