ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ドングリ山のやまんばあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ドングリ山のやまんばあさん

  • 児童書
作: 富安 陽子
絵: 大島 妙子
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

絵本ナビ在庫 残り6

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784652011447

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ドングリ山にすむやまんばあさんはオリンピック選手より元気で、プロレスラーより力持ちだ。二百九十六歳の山姥のゆかいな物語。

ベストレビュー

スーパーやまんばあさんのはじけっぷりに「もっと聞かせて!」

【あらすじ】
ドングリ山のてっぺんに住む、やまんばあさんは、御年296歳。オリンピック選手よりも元気で、プロレスラーよりも強く、いつもどうやって遊ぼうかとワクワクしているような子ども心の持ち主。このやまんばあさんが、元気いっぱいの子ガラスと会ったら、大嵐が訪れたら、人間の子どもと会ったら…という5つのお話が入った物語。シリーズの第1巻。

【感想】(以下、ネタバレ含みます)
息子が、絵よりも文章の方が多い本を読んだ初めての一冊。スーパーやまんばあさんがどんなにすごいかを話したら、大喜び。もっと聞きたいと、膝に乗ってきました。子どもをものすごい化け物と想像するところなどは、「違うよねぇ!」とツッコミながら、3話一気に読み聞かせました。
男女問わず、「お年寄り」がハジけてる話が人気なのは、子どもにとって謎が多い存在だからかも。

本ってまじめとか難しそうって思っている子どもに、おすすめ。期待以上です。

1/100
(acosanさん 40代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

シノダ!(10) 指きりは魔法のはじまり / もとこども / 日本全国不思議案内(2)菜の子ちゃんとカッパ石 / スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し / 妖怪用心 火の用心 九十九さんちのかぞえうた / 妖怪一家 九十九さん(5) 遊園地の妖怪一家

大島 妙子さんのその他の作品

はなやのおばさん / ビリンちゃんのもちがっせん / オニのサラリーマン / おまつりやさん / おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー / あっ!みーつけたっ!!



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

ドングリ山のやまんばあさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット