ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
びりっかすの神さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

びりっかすの神さま

  • 児童書
作: 岡田 淳
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1988年
ISBN: 9784036394609

小学中級から

9〜10歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

始が転校してきたクラスは、成績順で席が決まります。ところがびりになった人にだけ見える神さまが現われ?

ベストレビュー

競う会うより助け合うこと

木下始が転校してきた4年1組には、小さな羽が生えた
しょぼくれたものがパタパタと飛んでいました。
それは、なぜか初めは始見えるのですが、
見える方法を生み出し、だんだんとクラスのみんなが
見えるようになるのです・・・。

娘と一緒に読んだのですが、娘が気に入った場面は、
点数競争にみんなで負けようとして助け合えば助け合うほど、
最低点が上がる。つまりみんなが勉強がわかるようになるくだりの所。
「これはすごい!私にも美立夏すさんが見えるといいのになぁ」
「だんだんみんなが仲良くなってきてる!」
「人に教えることができたら、自分もしっかり理解できるんだ!」
競い合うことは決してわるいことではないのですが、
その競うことよりも助け合うことの方が、
互いを認め合い、理解していくことがこんなにさりげなく、
ユニークに納得させられるところに感心してました。
そして、団結力が発揮する運動会でのクラス対抗リレーでも、
このクラスの団結力とクラスメイトを思う思いやりに感激し、
娘がお友達にも紹介しよう!といって学校に持って行きました。

娘と同じ4年生のクラスのお話しとあって、
とても身近で親近感が湧くおはなしが、娘の心に響いたのでしょうね。
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 淳さんのその他の作品

こそあどの森の物語(12) 水の森の秘密 / 森の石と空飛ぶ船 / きかせたがりやの魔女 / わすれものの森 / そこから逃げだす魔法のことば / カメレオンのレオン 小学校の秘密の通路



怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編

びりっかすの神さま

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット