なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
ナゲキバト
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ナゲキバト

  • 児童書
作: ラリー・バークダル
訳: 片岡 しのぶ
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ナゲキバト」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2006年04月
ISBN: 9784751521991

一般
四六判/128頁

12歳〜 編集部おすすめ

みどころ

毎日の生活の中で、「どうすればいい?」と悩み、立ち止まってしまう瞬間があります。そんなとき、先の見えない暗い道の行く手を照らすあかりが見えたら、どんなにかほっとすることでしょう。この本は、まさにそんなあかりのような、希望と温かさに満ちた物語です。

ハニバルは、9歳のとき両親を事故で失い、アイダホ州ボイジに住む、父方の祖父にひきとられました。祖父のポップは厳しくも優しく、ハニバルの気持ちをしっかり受け止めてくれるおじいちゃんです。お話が上手で、さびしい夜にも、おもしろおかしい物語で笑わせてくれます。
ポップは銃を持っていますが、決して遊びの狩りはしないと決めています。でも狩りの楽しさを友だちから聞いたハニバルは、好奇心をおさえきれず、ある日、ナゲキバトを撃ちおとしてしまいます。しかし、得意になったのもつかのま、ハニバルは思いがけない決断をせまられます……。

「いい人でありたい」と、みんな思います。でも、常にそうであることは難しいし、見方を変えれば良いことが悪いことになることも、また、その逆もあります。それに、自分ではどうしようもないことに巻き込まれてしまうこともたくさんあります。自分が撃ち落とした鳥に小さなひながいることに気づいた瞬間。父と母が亡くなった大きな悲しみにどう立ち向かうのか途方にくれるとき。初めてついた嘘。悪に手をそめていく親友を見守る悩み……。

どんなに難しい問題でも、ポップは受け止め、ハニバルを包んでくれます。からっぽでひからびた少年の心を、ゆっくりと愛と物語で満たし、前に進むよう導いていきます。決してその場しのぎや、口先だけでない、深い考察と愛に裏打ちされたポップの言葉は、物語を読む私たちの心に、深くしみとおっていきます。やがて、ポップの過去に隠された秘密が明かされるとき、衝撃とともに腑に落ちるのです。人間の強さと弱さを骨身にしみて知っている人だからこそ、つむげた言葉だったんだと。

誰も自分の味方がいないと思ったとき、大きな失敗をしてしまい、もう立ち直れないと思ったとき、この本を開いてみてください。どんなに暗い道でも、このあかりを見つければ、また歩きだせます。子どもからおとなまで、優しく導いてくれる1冊です。

(光森優子  編集者・ライター)

出版社からの紹介

親バトを撃ち殺してしまった少年は、ヒナも殺さねばならなかった…。深く、静かに、あなたの胸を撃ちぬく物語。知る人ぞ知る珠玉の名作、改訳・新装版。

ベストレビュー

これは買わないと

子どもに読んでほしいがために借りてきましたが、まずは読んでみようと、私自らとびらを開きました。
正直、児童書のくくりにこの本をおくのはもったいない。
老若男女、多くの人に目を通してもらいたいって、強く思ったのは、この本が初めてかもしれません。
何十年も生きていても、難なく生きていくことはできません。そんな自分が、親として、壁にぶつかった子どもにどんな言葉をかけてあげられるのでしょうか。いつも迷います。自分なりの言葉を発していますが、それが果たして子どもにひびいているのか。。。自分の人生経験では、重みのない言葉しか出てこないような、そんな気持ちになってしまいます。
この本のおじいさんのような人がいてくれたら!って、心から思いました。
おじいさんの存在は、男の子を、そして読者を、陽だまりのように、ろうそくのともしびのように、毛布のように、そっとよりそいつつんでくれます。
子どもにもぜひ読んでもらいたいし、私のこれからの人生にもこの一冊。この本があれば、目の前が開けてくるような気持ちにいつでもなれる気がします。
(けいご!さん 40代・ママ 女の子14歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


片岡 しのぶさんのその他の作品

だれにも話さなかった祖父のこと / バーナムの骨 ティラノサウルスを発見した化石ハンターの物語 / ブラック・ドッグ / 最古の魔術書 (1) エメラルド・アトラス  / 千年の森をこえて / 変わり者ピッポ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ナゲキバト

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット