大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
お手紙レッスン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

お手紙レッスン

  • 児童書
作: サリ・グリンドリ
絵: トニー・ロス
訳: 千葉 茂樹
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「お手紙レッスン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ再版未定>>

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784751519042

小学校中学年

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

作家になりたい少年が書いた1通のファンレター。すべてはそこから始まった。有名作家と少年の、すてきな友情物語。

ベストレビュー

続きがあれば読みたいです

このところ千葉茂樹さん訳の児童書を息子と一緒に読んでいます。

9歳のマックスは、人気作家と手紙のやりとりを始めます。マックスは9歳にしていろいろな問題を抱えていることが浮き彫りになっていきます。

問題については重いものもあるのですが、重くは描かれていないし、読後感も爽やかでした。

マックスが作家のD.Jルーカスと手紙を通して友情を育んでいく様子、作家志望のマックスも物語を作り上げていくので、手紙を通した文章の書き方、物語の作り方レッスンとなっているのも魅力的でした。

子ども時代は見えている世界もまだ狭いもの、でもその分毎日一生懸命生きているということはあります。

子どものの頑なな気持ちをほぐしてやるのも、大人の力量という感じがありました。

マックスの成長ぶりには目を見張るものがあり、最後の方は私は思わず親の気持ちで涙ぐんでしまいました。

読み聞かせが終わって息子が「この本は家の本?」と聞いてきました。つまり家にある本だったらもう一度読んでみたいと思ったらしいのです。

訳者あとがきによると、このシリーズの続きがあるらしいのですが、続編があったら読みたいと思いました。ぜひ続きも出していただけたらと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トニー・ロスさんのその他の作品

ペットのきんぎょが おならをしたら……? / シイイイッ! / 最後の宇宙決戦 / 恐怖のタイムマシン旅行 / 魔法のパワーハット / 呪われた花嫁

千葉 茂樹さんのその他の作品

スピニー通りの秘密の絵 / シャクルトンの大漂流 / もしも地球がひとつのリンゴだったら / 最後のゲーム / ポー 黒猫 / ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

お手紙レッスン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット