もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
小さい魔女
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小さい魔女

  • 児童書
作: オトフリート・プロイスラー
絵: ウィニー・ガイラ
訳: 大塚 勇三
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1965年07月
ISBN: 9784051046477

小学生(中学年)〜
A5・192頁

9〜10歳 編集部おすすめ

みどころ

小さい魔女は、ちょっぴりそそっかしくて、負けずぎらい。年は127歳ですが、魔女の世界では「ひよっこ」で、一人前とは認めてもらえません。魔法もまだ修行中。しょっちゅう失敗していて、しゃべることのできるカラスのアブラクサスもあきれるくらいなのです。

今日はワルプルギスの夜。ブロッケン山に大勢の魔女が集まって、踊り明かすのです。まだ参加は認められていないのに、小さい魔女は踊りの輪にまぎれこみます。しかし、いじわるな魔女に見つかってしまい、皆の前で、1年後には「いい魔女」になっていることを約束するはめになるのですが……。

魔女の世界はなかなかキビしい。大きな魔女たちはしたたかで、一筋縄ではいきません。一方、小さい魔女の魔法の腕前は……読んでいて思わず吹き出してしまうような失敗ばかりで、先が思いやられます。でも大丈夫。小さい魔女にはやってみたいことがいっぱいあるから、いつも前向きなのです。ちょっとドジだけど、けっしてめげない。そんな魔女に親近感を抱いてしまうのは、私だけではないはず!

「いい魔女ってどんな魔女?」というところからスタートした小さい魔女が、四苦八苦しながら成長していく姿は読みごたえたっぷりです。自分の使える魔法で解決してあげられる悩みがたくさんあること、人助けをすることで、自分も喜びが得られるということに、小さい魔女は気づいていくのです。それにしても、小さい魔女が使う魔法のユニークなこと! 紙のお花をいい香りがするお花にしたり、思いのままに風を起こしたり、意外なやり方で意地悪な御者をこらしめたり、ネズミやカメを踊らせたり、かまどに歌をうたわせたり。次はいったいどんな魔法が飛び出すのかな? と楽しみで仕方ありません。

そして最後、理不尽な宣告に対して、小さい魔女が頭を使ってやったこととは……? あっと驚くこと間違いなしです。なんて大胆で痛快なのでしょう。この瞬間、「いい魔女」とか「悪い魔女」とか、人が決めたレッテルを取り去って、小さい魔女は「自分がなりたい自分」になったにちがいありません。わくわくする自分探しのこの物語、男の子にも女の子にもオススメです。

(光森優子  編集者・ライター)

出版社からの紹介

127歳のしんまいの魔女がいました。この魔女は、気のいい魔女で、よい魔女になろうと修行にはげみ、あの手この手の魔法を使います。でもいつも失敗ばかり……。無邪気でそそっかしい小さい魔女の、明るくてユーモラスな物語。

ベストレビュー

痛快!

「小さい魔女」は私も小3の頃に夢中になった本です。
カラスのアブラクサス、ブロッケン山、ワルプルギスの夜。その単語の一つ一つが魔法の呪文のように特別な響きを持っていました。

これは絶対一緒に読みたいと思っていたので、小1の娘と毎晩1話ずつ読んでいきました。
「いい魔女」になるための努力が上手く行くたびにホッと力が抜けたり、ルンプンペルおばさんが出てくるたびに体に緊張が走ったり、本の世界に入り込んでいるのが、横にいてすごく伝わってきました。

そして、痛快なラスト!
思わず「ワルプルギスのよーる!」と一緒に言ってしまいました♪
何年経っても頭に浮かぶ、この表紙。中の挿絵もとっても素敵です。
(ねがいさん 30代・ママ 女の子7歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


オトフリート・プロイスラーさんのその他の作品

岩波少年文庫 大力のワーニャ / かかしのトーマス / 魂をはこぶ船 / 大力ワーニャの冒険 / 小さいおばけ / 小さい水の精

大塚 勇三さんのその他の作品

グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ / 岩波少年文庫 やかまし村はいつもにぎやか / おおきなかぬー / 岩波少年文庫 やかまし村の子どもたち



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

小さい魔女

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット