ねんねのうた ねんねのうた
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
おばけたちと仲良くなって、ぐっすり眠りにつくまでのお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ネズミのミオの かずのはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ネズミのミオの かずのはなし

  • 絵本
作・絵: ヒッテ・スペー
訳: のざかえつこ
出版社: ジェネオン・ユニバーサル・エンターテインメントジャパン合同会社

本体価格: ¥1,200 +税

「ネズミのミオの かずのはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

みどころ

オランダから届いた、小さなネズミが主人公の可愛らしい絵本。
テーマは「かず」。
ひとりぼっちの小さなネズミの「ミオ」は、友だちを探しに、大きな旅に出ます。
待ち受けるのは、広い広い世界。
リュックひとつで決意するその姿、こちらまで新鮮な気持ちになって、ワクワクした気分。
1ぴきだったミオは、2匹の白鳥に出会い、3隻のボートを見つけ、4つのへんなくもにつきまとわれ・・・。
ミオと一緒に、数をかぞえながら、出会いの旅に出かけていきます。
何だか、小さなミオの視線のせいなのか、世界の空気がとっても清々しく感じるのも不思議です。

そうして、最後に出会う仲間達との賑やかな時間。
ミオにとっても、読んでいる子ども達にとっても
嬉しくなってしまうのは、間違いないでしょうね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ネズミのミオの かずのはなし

出版社からの紹介

<日本図書館協会選定図書>


−1から12までのかぞえかた−

ページをめくるたびに、いろいろな「かず」についてたのしくまなべるえほん。

ひとりぼっちのネズミさんは、友だちをさがしにでかけます。
2羽の白鳥に出会い、3番ボートにのって海をわたり……
最後はパーティーに加わって、友達とケーキを12個にわけるのです。

213×215mm / ハードカバー / 32P / オールカラー

ベストレビュー

数の話ではあるけど

ページ毎に数字が加算されて、よくある数字の絵本のように思えますがかなり物語はしっかりしています。
数を覚えるのはついでで物語のほうがメイン。

一人ぼっちのネズミが友達を探しに出かけます。
ここで仲間が一匹ずつ増えるのではなく、ストーリーの情緒的なものの数が増えて物語の雰囲気を盛り上げています。
こちらは10ではなく12まで数えられているけど、やっとのことで仲間が増えることになります。
12は時計でも月でも重要な数字。
まずは物語から読んで、その後に知育でも十分楽しめます。
(鉄人の母さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヒッテ・スペーさんのその他の作品

紙芝居 アネッタ、すべった! / ゾウのオラフの てんきのはなし / げんきをだしてウィリアム

のざかえつこさんのその他の作品

ぼくのたいせつなぼうし / ロロとレレのほしのはな / リッキのたんじょうび / いつまでも ずっと / ゆきだるまのスノーぼうや / たいせつなてがみ



【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

ネズミのミオの かずのはなし

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8




全ページためしよみ
年齢別絵本セット