なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
かえるのピータン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かえるのピータン

  • 絵本
作・絵: どい かや
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784893094407

大人 編集部おすすめ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

自然や動物達への深い愛情を感じる、あたたかなタッチの絵が魅力のどいかやさん。
「かえるのピータン」でも、可愛らしいかえるやおたまじゃくしや、小さなお池の様子などにうっとり。
でも今回のお話、何だか大人になった自分が読むと、
ちょっと立ち止まってしまう「何か」があるんです。

それは、二匹の主人公、「かえるのピータン」と「つばめのパーチク」の
それぞれの生き方の違い。
いつも新しいもの、珍しいものを求めて世界中を飛び回っているパーチク。
それに対して、ピータンは愛するものに囲まれて、一つ所に腰を落ち着けて季節の移り変わりなどを楽しむ生活。
かつての自分は、どちらにも憧れた覚えがあります。
でも、生きる喜びや幸せを見つける事が上手・・・という点に於いて、二匹は同じ。
年を重ねていくにつれ、それぞれの喜びも少しずつ知っていき、
この絵本の読み方も変わってくるんだろうなぁ、としみじみ。

そして、それぞれの人生の素晴らしさを称え合うようなこの内容、
読み終わった後も、とても気持ちが良いのです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ちいさなお池で楽しく暮らすかえるのピータン。
そこへ旅するわたりどりパーチクがやってきて世界中で見てきたできごとを
話してきかせてくれます。
「きみも たびして いろいろなものを みてきたら どうだい」
「それも いいね。だけどもうすぐ おいけにおたまじゃくしが うまれるんだ」
こんどはピータンが、おいけの美しい四季折々を語り出し・・・
人それぞれの生き方がすばらしいとやさしく語りかけてくる絵本です。

ベストレビュー

父の言葉に重ねて

 表紙を見た途端、
「あっ、『チリとチリリ』の人だ! どいかやさんの絵!」と、
すぐにわかり、両腕の中に本を抱えて喜んでくれた娘。
どいかやさんの絵が大好きで、新しい本を贈るたびに、その中から好きな絵をいくつも選んで、模写をするのを楽しんでいます。
 小さな生き物たちや草花も至る所に登場して、そのすべてを描くのも大変ですが、一生懸命打ち込んでいる姿に感動を覚えます。この表紙の絵も、そんなふうに一筆一筆描いて、私にプレゼントしてくれました。

 ピータンを見ながら、去年の春、我が家で生まれた無数のおたまじゃくしと、成長した子ガエルたちのことを懐かしく思い出しました。
そして、本を閉じた後には、自分自身の歩んできた道を1人静かに振り返りました。

 いろいろな国を訪れ、数カ国での暮らしを経験し、まさにつばめのパーチクのような生き方をしてきた私は、若い頃、父のことを「井の中の蛙」だと思っていました。
「広い世界を知りたいと思ったら、まず日本のよさを知りなさい。」
と教えてくれた父の言葉が本当に理解できるようになったのは、ずっと後になってからでした。

 今は、ピータンのように、誰よりも自分の周りの世界を愛し、尊重し、美や歓びを見出しながら生きている父のことを、私もまた深く尊敬しています。
そして、自分の生まれた池に再び帰ってこられて、本当にしあわせ、と心の底から実感する毎日です。

 娘は、これからどんな世界を見て、どんな生き方をするのだろう・・・。娘が人生の選択で迷ったとき、この絵本をもう1度手渡してあげたい、と思います。
(ガーリャさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ

どい かやさんのその他の作品

たまちゃんとあかちゃん / アイヌのむかしばなし ひまなこなべ / くりちゃんとピーとナーとツー / くりちゃんとエーメさんのトマト / くりちゃんとひまわりのたね / ポーリーちゃん ポーリーちゃん



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

かえるのピータン

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.83

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット