もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おりの中の秘密
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おりの中の秘密

  • 絵本
作: ジーン・ウィリス
絵: 千葉 茂樹
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おりの中の秘密」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

言葉を話さないものたちと一緒にいたくて、ぼくは動物園に行く。そしてある日、知ってしまった……。少年とゴリラの奇跡の物語。

ベストレビュー

ゴリラと話し合える少年

言葉を話すことができないトムは、コミュニケーションに手話を使います。
社会の偏見の中で居場所を探すトムの行き先は動物園。
そして、手話でゴリラと話すことができるのです。
トムに妹ができました。友だちになったゴリラのザンジにもあかちゃんができました。
そのことで、トムとザンジは心通わせることができるのです。
あかちゃんを取り上げられたザンジの悲しみ。
トムは妹のデイジーをつれてゴリラのおりに入り込みます。
心の通い合い、子どもを思う母親ゴリラの愛情、すばらしい話です。
理解できない大人たち、聾に対する偏見、問題提起がされています。
そして、トムはこの大事件の中で、言葉を発することができました。
トムの成長、優しさが響き渡ります。
この物語の中の純粋な部分と、偏見社会の中に自分もいるのだと思いました。
とてもためになる本です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

ジーン・ウィリスさんのその他の作品

ホッキョクグマと南極のペンギン / モグラくんがみた おひさま / さいこうのいちにち / シイイイッ! / スーザンはね……

千葉 茂樹さんのその他の作品

甲虫のはなし / こうえん / どれがいちばんすき? / ジャック・ロンドン ショートセレクション世界が若かったころ / スピニー通りの秘密の絵 / シャクルトンの大漂流



きりぬき人形で立体的に再現☆メリーゴーラウンド型しかけ絵本

おりの中の秘密

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット