みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
三つのオレンジ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

三つのオレンジ

作: 剣持 弘子
絵: 小西英子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「三つのオレンジ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784039637505

小学中級から

出版社からの紹介

イタリアを代表する昔話の一つを、ルネサンス美術とトスカーナに詳しい画家が、イタリア取材を重ねて描きあげた美しい絵とともにおくります。

ベストレビュー

魔女の不思議

イタリアの昔話です。
一人の王子が理想の女性を見つけるお話と、姫となったこの女性が魔女よって姿を変えられてしまうお話とで構成されています。

タイトルにある三つのオレンジ。
このオレンジから女性が出てくるのですが、ダメだと言われているのに2度も誘惑に負けてオレンジを割る王子に、何ともいえない親しみを感じました。
割っちゃいけないと言われても、割りたくなるんですよね・・・
そんな心の弱さを見せていた王子ですが、本当に姫のことを愛していたのが後半で分かります。
姿を変えてもその美しさに惹かれたのは、きっと何か通じるものがあったからなのでしょうね。

ここででてくる魔女。
姫のことは姿を変えられるのに、自分はそのままで部屋に閉じこもっているって・・・ちょっと不思議な気がしました。
姫に姿を変えればいいのに・・・って、魔女よりも悪知恵が働いてしまいました。笑
(こりえ♪さん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


剣持 弘子さんのその他の作品

紙芝居 やせためんどりとキツネ / 子どもに語るイタリアの昔話

小西 英子さんのその他の作品

カレーライス / きょうはクリスマス / こどものとも 日本の昔話 うりひめとあまんじゃく / みやこのいちにち / 大型絵本 サンドイッチサンドイッチ / カレーライス



『くまくまパン』西村敏雄さんインタビュー

三つのオレンジ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット