あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
まりこのたからもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まりこのたからもの

作: 野本 淳一
出版社: (不明)

ベストレビュー

びん細工手まりに思いを込めて

この本は、滋賀県愛知川町の「びん細工手まり」題材に、主人公のまりこが、友達をつくるお話です。まりこには友達がいなかったので、おばあちゃんが、一本、一本の糸に願いを込めて手まりを作ってくれます。おばあちゃんの孫を思う気持が伝わってきます。糸ごとに、おばあちゃんの願いを込めた気持が解かるように、背景の色をそれぞれの色にしてあるので、小さい子には、ちょっと難しいやさしいとか思いやりのイメージを掴み取る事が出来ます。まりこが広場で、手まりをついて遊んでいると、次々に森の動物達がやって来て「手まりを貸して」と言い、まりこも喜んで貸してあげるので森の動物たちと仲良しになれます。子供は、自分の物は、なかなか貸そうとしない時期があるので、その時に読んであげてもいいかなと思います。みんなが仲良しになった記念にお祭りをする事になったのをおばあちゃんも大変喜んで、びんに入った手まり「びん細工てまり」を作ってくれます。その手まりは、日本の四季を表現した物で、猪熊祐子さんの手によってきれいに表現してあります。こんな「びん細工手まり」がほしいと思うほどです。華麗さと繊細さを誇る「びん細工手まり」が、いつまでも継承していってほしいと思います。


(ぷちどりーむさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。

野本 淳一さんのその他の作品

ごんたとべえのでんぐりがえし / 4ばんめのえきはくまごろうえき / つぶつぶさんはまほうつかい?



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

まりこのたからもの

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット