レモンちゃん  レモンちゃん  レモンちゃん  の試し読みができます!
作・絵: さとう めぐみ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
レ、レ、レ、レモン、モン♪ ステキな おともだち できるかな〜♪
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 へようこそ♪
ぼくとタロー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとタロー

作・絵: 森野さかな
出版社: 自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ぼくとタロー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

タローはすごくあばれんぼう。ほんとうはぼくがやりたいことを
タローがかわりにやっちゃうんだよ。
スキッっとするけどあとがこわい。
タローはさっさと逃げちゃって、叱られるのはぼくだもん・・・・・・。
・・・・・・少年が逃げ込んだのは、もうひとりの自分。
だれにでもある、成長期の子どもの心をやさしく描いた絵本。
架空の世界をもつことは、おかしなことではありません。
やさしい英訳のついた国際版絵本。

ベストレビュー

もう一人の自分

ぼくには顔も服もそっくりなもう一人の自分は家の洋服ダンスにいつもいる、名前は「タロー」
自分と正反対のタローは色々悪さをして、いつも怒られるのはぼく・・・
おとうさんとおかあさんのケンカ・・・そして翌日ぼくは必ずおねしょをしてしまう・・・

架空の世界を持った男の子のお話です
ぎくしゃくした家庭の中で幼い子供は、自分の心を守るために、自分の世界を創って、その中で必死に生きようとします
徐々に成長し、強くなり、やがてはタローを見る回数が減っていきますが
作者自身が、幼いころに家庭不和を経験したようです
どんなに厳しい環境にあっても、未来のある子供たちには、無限の可能性を秘めているものなんでしょうね
そんなことを考えさせられる、大人向けの絵本のように感じました
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子16歳、男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

森野さかなさんのその他の作品

「こどもの権利条約」絵事典 / 理想のママのつくりかた / こどもの権利を買わないで / おおどろぼうごーちゃん / つよいのだれだ? / むし歯になったよオウンオウン



本をふって、ゆらして、おどかして☆遊んで楽しめる参加型絵本

ぼくとタロー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット