話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(Gakken)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

本・子ども・絵本 改訂版

本・子ども・絵本 改訂版

作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子
出版社: 大和書房

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784479750369

ベストレビュー

中川さんのエッセイ

きっかけは、中川季枝子さんの講演会をお聞きしたことでした。

子どもの頃の思い出として、岩波少年文庫に出会われたことが、中川さんご自身の中でもとても得難い体験であったこと、

講演会でも話されていましたし、この本の中でもやはり出てきます。

子どもの時に何を得、何が残るのかということを考えると、大人になった時に芯になる部分ができるのだろうと思います。

このエッセイを通してそんなことを思いました。

昨年『ジブリの本棚』というのが放映されていて、そのDVDを見る機会がありました。

その中にも中川さんが出演されていて、「子どもはおもしろいのよ」と言われていたのがとても印象に残っています。

中川さんの作品を見ていると、その言葉がとても腑に落ちます。

子どものかわいらしさだけでなく、おもしろいところを発見して、私たち大人にもわかりやすく絵本の世界で伝えていただいているのだなあと。

誰でも自分の心に子ども時代を持っている。その心を忘れない人がこうして、子どもにもわかる作品を作られるんでしょうね。

時としてとてもユーモラスな一面もある中川さんの講演会でお聞きした声と共に、作品を通して考えられていたこと、子ども時代の思い出が私の心の中にも入ってきました。

中川さんの作品を鑑賞するとともに、読んでいただきたいエッセイです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

関連記事

出版社おすすめ




20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

本・子ども・絵本 改訂版

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット