貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
本・子ども・絵本 改訂版
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

本・子ども・絵本 改訂版

作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子
出版社: 大和書房

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「本・子ども・絵本 改訂版」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

中川さんのエッセイ

きっかけは、中川季枝子さんの講演会をお聞きしたことでした。

子どもの頃の思い出として、岩波少年文庫に出会われたことが、中川さんご自身の中でもとても得難い体験であったこと、

講演会でも話されていましたし、この本の中でもやはり出てきます。

子どもの時に何を得、何が残るのかということを考えると、大人になった時に芯になる部分ができるのだろうと思います。

このエッセイを通してそんなことを思いました。

昨年『ジブリの本棚』というのが放映されていて、そのDVDを見る機会がありました。

その中にも中川さんが出演されていて、「子どもはおもしろいのよ」と言われていたのがとても印象に残っています。

中川さんの作品を見ていると、その言葉がとても腑に落ちます。

子どものかわいらしさだけでなく、おもしろいところを発見して、私たち大人にもわかりやすく絵本の世界で伝えていただいているのだなあと。

誰でも自分の心に子ども時代を持っている。その心を忘れない人がこうして、子どもにもわかる作品を作られるんでしょうね。

時としてとてもユーモラスな一面もある中川さんの講演会でお聞きした声と共に、作品を通して考えられていたこと、子ども時代の思い出が私の心の中にも入ってきました。

中川さんの作品を鑑賞するとともに、読んでいただきたいエッセイです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

出版社おすすめ


中川 李枝子さんのその他の作品

ママ、もっと自信をもって / みかん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 9> / いちくん にいくん さんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 1> / うさぎのにんじん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 5> / 子どもはみんな問題児。 / てんじつきさわるえほん ぐりとぐら

山脇 百合子さんのその他の作品

はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに / ねこどけい / 狐物語 / 角川つばさ文庫 25の小さなおはなし / 木いちごの王さま / 完 子どもへのまなざし



映画『ゆずりは』試写会レポート

本・子ども・絵本 改訂版

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット