大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
はれときどきアハハ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はれときどきアハハ

  • 児童書
作・絵: 矢玉 四郎
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年08月
ISBN: 9784265820092

小学校中学年向き
B5変型判 22.0×19.0 80頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

アハハエンに出かけた則安君。園長はぶた。しゃべるえんぴつが「詩を書け」なんて言う。でたらめな詩を書くと……。この遊園地すごくヘン!? はれぶたシリーズ第8作。

ベストレビュー

初めて出会った、詩という表現

年長6歳がはれぶたが読めたのでアハハも借りてきました。
やっぱりひとりで黙々読み終えました。
その後私も読みました。
小学生が詩を書いたらそれがお芝居になって見れる。
それで笑いが起きたらアハハ計が上がって100たまったら
大きな花火が上がる。というお話。

詩・・・それはまだ娘は出会ったことのない表現です。
たしか小学校で作りますよね?
子供の頃ポエムを作ってた友達のことを思い出しました。

詩、お芝居、詩、お芝居のテンポが良くて
あっという間にアハハ計100まで読んでしまいます。
最後にお父さんがインターネットでアハハ園を検索していたので
はれぶたとは違う時代、現代風だなと思いました。
(事務員さん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


矢玉 四郎さんのその他の作品

はれたまたまこぶた / はれときどきあまのじゃく / なりたいじんじゃ / ぶらんこぶーちゃん / このかおだ〜れ? / やかんねこ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

はれときどきアハハ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット