虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まゆみんみんさん 40代・ママ

すごい!
こちらの絵本,子供が見てももちろんです…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ヒメちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヒメちゃん

  • 絵本
作・絵: 荒井 良二
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年02月
ISBN: 9784097263111

AB判/32頁

出版社からの紹介

宝物を探して旅する〈ヒメちゃん〉。でも、歩いているうちに宝物が何だったか忘れてしまいました。果たして無事に宝物を見つけることができるのでしょうか? 「ヒメちゃん絵日記」も入った、楽しい自分探し絵本です。

ヒメちゃん

ベストレビュー

ヒメちゃん見つかってよかったね

ヒメちゃんってどこか不思議な感じがする女の子。
ストーリーもヒメちゃんが語った口調で進められていきます。
とってもメルヘンチックで可愛い女の子だなと思いながら読みました。

そして、宝物を探すという展開が、間に絵日記が入る形で進んでいるので、お話が一章ずつ分けられているかのようなそんな雰囲気です。
ヒメちゃんの描く絵日記は本当に7歳くらいの女の子が書いたかのような書き方で親近感があります。

オージ君も何度もふられちゃうけれど、ヒメちゃんのことが大好きなのが伝わってきて応援して挙げたくなります。

なかなか見つからないけれど最後に見つかり、ハッピーエンド!

ケーキでも宝石でもない・・
ヒメちゃんの宝物素敵だなー。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子15歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒井 良二さんのその他の作品

まよなかのおならたいかい / きょうはそらにまるいつき / チロルくんのりんごの木 / そりゃあもう いいひだったよ / こどもる / ひゃくえんだま



大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

ヒメちゃん

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.09

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット