あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
彼岸花はきつねのかんざし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

彼岸花はきつねのかんざし

  • 絵本
作: 朽木祥
絵: ささめや ゆき
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年01月
ISBN: 9784052028960

小学生(中学年〜高学年)

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

也子(かのこ)の前に現れたかわいい子ぎつね。「あたしに化かされたい?」ときかれた也子はとっさに、「ぜんぜん」と答えてしまう。段々とかけがえのない存在になっていく、也子と子ぎつね。だが、あの夏、あの恐ろしい爆弾が落とされた……。

著者は被爆二世。『かはたれ散在ガ池の河童猫』(福音館書店)で、第35回児童文芸新人賞、第39回児童文学者協会新人賞ほか受賞歴を持っている方です。

★日本児童文芸家協会賞、赤い鳥さし絵賞を受賞いたしました。

ベストレビュー

戦争時代の物語をソフトに伝えてくれます

「かはたれ」シリーズを読んで、朽木さんの文章と、物語の繊細さにファンになり、この夏、下の子の読書感想文にいいんじゃないかと、薦めてみました。
出版社からのおすすめの年齢が、小学校中学年以上ということで、
文字は比較的大きめで、行間も大きめに空いているので、大変読みやすい作りになっています。
本の紹介を読めばわかることですが、作者は広島原爆の被爆2世なので、『原爆』への思いはいろいろあると思います。
けれども、このお話の中に「被害者」としての心情は書き込まれていなかったように思いました。

うちの子は、第2次世界大戦中の広島に落ちた原爆のことが書かれているにもかかわらず、おどろおどろしたところがなく「怖くなかったので、読みやすかった」と言っていました。

この物語はあくまでも、代々常に化かされてしまっている主人公の女の子(也子:かのこ)の家族と、その狐たちとの交流(友情)がメインに描かれていて、たまたま也子と子ぎつねの時代が、戦争の真っただ中だったという印象しかありません。
だから、物語の中に浸かっていると”原爆”が怖いとかいう印象はほとんどなく、「爆弾が投下された中、町へ也子へあげるための花を探しに行ったあの子狐はどうなったんだろう」というところで物語は終わっていきます。
これは、その後がめちゃめちゃ気になる終わり方ですが、すべてを語らない物語だからこそ、受け止めた読者ひとり一人がその後を自由に想像できる終わり方で、私は結構こういう終わり方が好きです。

かわいい狐の子が「あんた、あたしに化かされたい?」って、聞くシーンが私はすごく気に入っています。
とても読みやすい文章です。狐が好きな方、子どもたちに戦争系の物語をソフトに伝えてみたい方、ぜひ、親子で読んでみてください。


この作品は学研の「新・創作シリーズ」というところから出ています。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


朽木 祥さんのその他の作品

八月の光 失われた声に耳をすませて / まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん / あひるの手紙 / 花びら姫とねこ魔女 / 光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島 / 八月の光

ささめや ゆきさんのその他の作品

子どもつなひき騒動 / かえるぴょん / おとうさんは、いま / 三方一両損 / バイバイ、わたしの9さい! / なかよくなれたね



人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

彼岸花はきつねのかんざし

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット