おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
なないろ山のひみつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なないろ山のひみつ

作: 征矢 かおる
絵: 林 明子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年10月25日
ISBN: 9784834018905

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から

出版社からの紹介

おばあちゃんのかわりになないろ山を救おうと、さちは、じいさんぎつねのもとへと向かいます。みずみずしい文章が美しい口絵と一体になった楽しい幼年向きファンタジー。

 なないろ山のふもとに、さちという女の子が住んでいました。さちは、なないろ山が大好きでした。ところがある日、なないろ山から赤いひかりが出ています。なないろ山に何か異変が起きたようです。
 さちは、おばあちゃんに頼まれて、助けを求めている山のじいさんぎつねのもとへと向かいます。次々といろいろな色のひかりが現れては消えていく中を、さちはじいさんぎつねが待つ滝へと急ぎますが・・・・・・。
 果たして、さちは、なないろ山の危機を救うことができるでしょうか。
 おばあちゃんが言っていた「なないろ山のひみつ」とは、一体なんでしょうか。
 スピード感あふれるストーリー展開、読者の想像力をふくらませる豊かなイメージ、しっかりとした文体、たのもしい新人作家の登場です。みずみずしい文章と人気絵本作家、林明子さんの美しいカラーのさし絵が一体となって、読者をぐんぐんお話の中へ引き込んでいきます。わくわく、どきどきの幼年向きファンタジー。

ベストレビュー

すいこまれる

林さんのイラストが好きで読んだんですが、物語とイラストの雰囲気が本当にピッタリでした。
すいこまれるような透明感があります。
物語にどんどん引き込まれていき、あっという間でした。不思議なお話だけど、山は神聖だから、ファンタジー過ぎないようでした。
(lunaさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


林 明子さんのその他の作品

にせあかしやの魔術師 / 文庫版 魔女の宅急便6冊セット / 魔女の宅急便 6冊セット / ビッグブック もりのかくれんぼう / I Love to Take a Bath おふろだいすき (英語版) / Good Evening Dear Moon おつきさまこんばんは(英語版)



困っているぼくのところに本物の神様が!

なないろ山のひみつ

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット