ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
氷石
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

氷石

  • 絵本
作: 久保田香里
絵: 飯野 和好
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

天平九年の夏。奈良の平城京は、『もがさ』と呼ばれる疫病(天然痘)の流行で、ひどいありさまだった。その都の東市のかたすみで、14歳の少年・千広は、川原の小石を疫病退散の護符だといつわって売っている。母を疫病で亡くし、父は遣唐使船に乗ったまま帰ってこない。都にうずまく不安を逆手にとって、ひとりで生きていくのだと、すべてをさめた目で見ている。
 あるとき、貴族の屋敷の下働きの少女、宿奈と出会い、ともに市で売るまじない札をつくりながら、そのしなやかさと明るさに惹かれていく千広。
 しかし、宿奈は突然市に来られなくなり、唯一千広のことを気にかけてくれていた従兄も、疫病で亡くなってしまう。失意の中、市で襲われた千広は、病の者を受け入れる施薬院に運ばれる。そこには、それぞれに悲しみを抱えながら、日々をひたむきに生きていく人々がいた。
宿奈への思慕や、捨てきれない学問への思いと、なにかを願うなんてむだなことだというあきらめの間で、ゆれ続ける千広に、訪れた奇跡とは……?

 実際に出土した呪符木簡をヒントに、藤原四兄弟の病死、光明皇后の活躍、遣唐使たちの命がけの渡航といった、時代の情景を巧みに織り込みながら、その「歴史」の裏側を駆け抜けたひとりの少年の夏が、こまやかに描かれていきます。
 傷つき苛立ちながらも、しだいに手放せない思いに気づき、前向きな生き方を取り戻していく主人公の姿が、1300年のときを越えて現代の子どもたちの共感を呼ぶ、骨太の歴史長編です。
 挿絵は飯野和好。平城京の空気とともに、登場人物の心情までも濃密に描き出します。

ベストレビュー

もがきながら生きる

『何かを願うことなど無駄だ。みんなどうせもがさで死んでゆく。
みんな,死んでしまえばいい。』・・・どん底の少年 千広の心に震えました。

それでも,自分と同じように,
もがさで死んだ家族のそばにうずくまる幼い子どもに
銅銭を握らせずにいられない。
下働きの少女の顔を殴る上役に怒りを覚えて,小さな抵抗をせずににいられない。
従兄弟がすすめる大学寮での学問に心揺れずにいられない。

みんな死んでしまえばいいといいながら,
下働きの少女 宿奈に思いを寄せ
従兄弟の死に打ちのめされ
施薬院のひたむきな少年 安都に心開いていく。

千広と宿奈に訪れる小さな奇跡が大きな救いです。

どうしようもない世の中を,
どうしようもなく もがきながら生きることは,
いつの時代も在りつづける人の姿。
1300年の時を超えて,今もがき続けている人への
エールとなる物語だと思います。

飯野さんの刺し絵が臨場感たっぷりで,
登場人物の心のひだまで表されていてすばらしい!
個人的には,施薬院の坊主さんが人物描写ぴったりで好きです!!
(あんぴかさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


久保田香里さんのその他の作品

駅鈴 / 根の国物語

飯野 和好さんのその他の作品

日小見不思議草紙 / おせんとおこま / ざしきわらしのおとちゃん / どろだんごと たごとのつきまつり / かめ / かぞえる



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

氷石

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット