モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ガンバリルおじさんとホオちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ガンバリルおじさんとホオちゃん

作・絵: やなせ たかし
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

やなせたかし氏が故郷に思いをはせた絵本

アンパンマンの生みの親、やなせたかし氏のハートウォーミング絵本。崖から転落した森の獣医〈ガンバリルおじさん〉を救った不思議な女の子〈ホオちゃん〉。自分は傷ついても相手を助ける優しさに、胸を打たれます。

ベストレビュー

老人の知恵っぽい。さすが!

本屋で4歳になったばかりの娘がすぐに「これ買って!」と差し出したのがこれ。なんかみたような絵、と思ったらアンパンマンのやなせ先生の作品でした。

頑張り屋のガンバリルおじさんが、森で困ったときに助けてくれたホオちゃん。その正体はホオ(朴)の木でした。ホオの木なんて私達は知らないし、ホオ餅だって知らないけど、後ろに花のついたホオの写真があり、今はないけどホオの餅が実際にあったんだよというあとがきも書いてあって、大人も楽しめました。

娘には読み聞かせしたのですが、おじさんがずいぶん歌ばかり歌っているので、読む親は少し疲れます。頑張って読んでみてください(笑)
自分で子供が読めるようになったころだと簡単に楽しめると思います。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

やなせ たかしさんのその他の作品

マイクでうたおう!アンパンマンうたえほん / だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集 / アンパンマンとスマホであそぼう! / アンパンマン ミニキャラずかん (2)ばいきんまんと なかまたち / アンパンマン ミニキャラずかん (1) アンパンマンと なかまたち / しょくぱんまんとパジャマン



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

ガンバリルおじさんとホオちゃん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット