ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
へんてこライオン のりもの なのよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

へんてこライオン のりもの なのよ

  • 絵本
作・絵: 長 新太
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥476 +税

「へんてこライオン のりもの なのよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年02月
ISBN: 9784097347781

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

乗り物に変身するライオンのお話を3話収録

日本が世界に誇る絵本の神様、長新太先生のライフワーク絵本がボードブックになりました。「へんてこライオン」は、読み聞かせ絵本雑誌『おひさま』で長期連載された1話6ページのナンセンス絵本作品です。ライオンの思いも寄らないへんてこな変身ぶりには、誰もが思わず笑ってしまいます。長新太先生が描き続けた作品はなんと100作品以上! 今回は〈たべもの〉〈のりもの〉〈どうぶつ〉という乳幼児の3大人気テーマ別に、傑作3話を厳選収録。低価格のボードブック、しかも1冊で3回も大笑いできるという、お買い得な栄養満点絵本となっています。

ベストレビュー

楽しいたくらみ

まじめな顔をしたへんてこなライオンのおじさん、好きです。
しんくんとゆうちゃんを、待ちながら、今日はどんな風に、二人の子供を驚かせて喜ばせようかと、いつも思案しているのだろうな、、、と思います。
へんてこなライオンは、かっこいい乗り物になって、乗せてくれます。
楽しそうです。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / かしてあげたいな / ひとつずつ / ぼくはイスです / タマタン / みんな にげた



人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

へんてこライオン のりもの なのよ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット