くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
マルガリータとかいぞく船
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マルガリータとかいぞく船

  • 児童書
作・絵: 工藤 ノリコ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「マルガリータとかいぞく船」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 一章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年12月
ISBN: 9784251077028

小学校低学年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

マルガリータは、料理が得意でのんびりのんきな、くまの女の子。友だちのマルチェッロは、きれいなものが好きで手先の器用な、みつばちの男の子。ふたりは海辺でレストランをやっています。ある夜、かいぞくが現れ、マルガリータの宝物を持っていってしまいました。ふたりはお店を船に改造して、大海原へ! 細やかでユーモアたっぷりの絵と、独特な登場人物が楽しい、人気の絵本作家・工藤ノリコさんがはじめて作った絵童話です。

ベストレビュー

工藤ノリコさんの作品

私自身が工藤ノリコさんのファンなのでこの絵本を選びました。”ピヨピヨのスーパーマーケットで出会った感動をこの絵本で再び感じる事が出来ました。美味しい料理が出てくるところも大好きです。主人公の料理が人を幸せにし、楽しい雰囲気を作り出していくところがとても素敵でした。美味しい料理は人の心を和らげるのだという事をこの絵本は教えてくれた気がします。知恵と少しの勇気さえあれば人生はもっと楽しくなる事を主人公から学びました。船が無いなら作ればいいとある材料で作ってしまう行動力は脱帽です。続編も是非読みたいです。
(ぴょーん爺さん 50代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


工藤 ノリコさんのその他の作品

ノラネコぐんだんと海の果ての怪物 / ノラネコぐんだん アイスのくに / ノラネコぐんだん かるた / ビッグブックノラネコぐんだん パンこうじょう / ノラネコぐんだん あいうえお / ノラネコぐんだん そらをとぶ



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

マルガリータとかいぞく船

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット