ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
セミ神さまのお告げ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

セミ神さまのお告げ

  • 絵本
作・絵: 宇梶静江
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784834023251

自分で読むなら・ 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

虫や鳥はアイヌの人々にとって、予知能力を持ち、人々にそれを知らせてくれる身近な存在です。この絵本は、歌で津波の危険を告げたおばあさんが、津波で海に流され、地獄まで落ち、蝉に生まれ変わるという壮大な物語。

ベストレビュー

津波の予言とセミ

繊細な刺繍に惹かれました。
古布と刺繍で描かれた、アイヌの昔話だそうです。
アイヌ出身の作者だけに伝わるものがあります。
北の海辺の二つの村での出来事です。
下の台地ランペシカ・コタンに住むおばあさんが津波の予言をするのですね。
六代の人の世を生きてきたおばあさんが歌う予言歌。
そして、現実のものとなってしまった大津波。
当のおばあさんは祈りますが、津波に飲み込まれ、やっとのことでセミ神様に生まれ変わるのです。
天変地異をくぐり抜けてきた人々の思いを感じます。
セミの姿に、アイヌの人々の祈りが投影されているように感じました。
巻末に添えられた、作者のアイヌ生活もぜひ、知ってほしいです。
小学校高学年くらいからでしょうか。

(レイラさん 50代・ママ 男の子22歳、男の子20歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

宇梶静江さんのその他の作品

トーキナ・ト / シマフクロウとサケ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

セミ神さまのお告げ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット