ねがえり ごろん ねがえり ごろん
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
チュンタの あしあと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チュンタの あしあと

  • 絵本
作・絵: おくはら ゆめ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年05月
ISBN: 9784251009609

幼児から

出版社からの紹介

すずめのチュンタは、人間のウメコおばあさんのことが気になって気になって、しかたがありません。だって、いつもチュンタのことをこっそりと見ているんです。 いいひとなのかな? わるいひとなのかな? …チュンタはある日、家の中にいるウメコさんを、こっそりのぞいてみることにしました。すると…! アマチュア部門の絵本賞を数々受賞した新人作家の、デビュー2作目の絵本です。おばあさんとすずめの、心の交流の物語。

ベストレビュー

チュンタとおばあちゃんの友情

おくはらゆめさんの絵本には、ねこやすずめやたんぽぽがかわいらしく描かれているものが多いような気がします。
このおはなしは、小さくて丸顔のうめさんというおばあちゃんの生活スタイルが描かれていて、ばあばとしては身近な感じがします。
チュンタをそっとみるうめさんの視線は自分と重なります。
家で、なにをしているのだろうとチュンタがのぞく前から、うめさんのことは見当がつきました。うん、みんないっしょなんだなあ、、、。
気にかける存在があるって言うことは大切なことですね。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おくはら ゆめさんのその他の作品

ともだちのいす / みずたまりぼっこ / たんぽぽはたんぽぽ / しっぽが ぴん / くろいながい / 9月のおはなし お月見テンテン



『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

チュンタの あしあと

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.85

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット