たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ちびくろ・さんぼ 3
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちびくろ・さんぼ 3

  • 絵本
作: こじま よしみ
絵: かも なおき
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784916016805


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「ちびくろ・さんぼ」に3が登場、一体どんなお話なんでしょう?
「ちびくろ・さんぼ 1、2」でも、予測のつかない感覚の展開が魅力だったこのシリーズ。
今回のお話は、特に不思議な雰囲気が漂っています。
原作者ヘレン・バンナーマンさんが「ちびくろシリーズ」として出されていた全6巻の中の、
「ちびくろ・かーしゃ」というお話を下敷きに、主人公をさんぼに置き換え、ストーリーを少しファンタジックな内容にして創られたそうです。
このお話のもう一つの主人公は「さんぼの好奇心」かもしれませんね。
毛糸の玉が気になって、たどって歩いていったり、
不思議な本屋で本の世界に没頭してまったり・・・。
そして、またもや「とら」に出会ってしまうさんぼ。
果たして今回は、どうやってピンチを乗りこえるのでしょう?
最後には、やっぱり美味しそうな食べ物が登場します!
あまーいはちみつがよく合う食べ物とは・・・?

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ちびくろ・さんぼ 3

出版社からの紹介

ある日「さんぼ」は、ハチミツ採りにでかけました。
途中で、おばあさんや不思議な本屋のおじいさんにであったり・・・
はたして「さんぼ」は無事にハチミツを採って帰れるのでしょうか?

新しい「さんぼ」の冒険ものがたりがついに始まります。

ベストレビュー

がははははは

ちびくろ・さんぼのお話が好きな6歳の次女が、自分で見つけて喜んでいました。私もちびくろ・さんぼのおはなしは、2までしか知らなかったのでうれしかったです。
今度はハチミツとりに出かけたさんぼ。不思議なおじさんから、最後のページのない本を手に入れます。
その後、ジャングルからトラが出てきて、ハラハラドキドキの展開でした。娘もちょっと心配そう。でも「がはははははは」ととらたちが大笑いする場面では、うれしそうに「がはははは」と一緒になって笑っていました。
ラストシーンで登場する、お母さんが焼いたスコーンとハチミツ。本当においしそうでした。お腹がすいてきます。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


こじま よしみさんのその他の作品

(デジタル)PUNNY & HAT 〜Petit Bonheur…ちいさなしあわせ〜 / (デジタル)うーふとむーふ ちびくろふたごのだいぼうけん

かも なおきさんのその他の作品

(デジタル)ちびくろ・さんぼ3



『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

ちびくろ・さんぼ 3

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット