新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
われた たまご フィリピン民話

われた たまご フィリピン民話

  • 絵本
作・絵: 小野 かおる
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

※レビューの一部は、『月刊こどものとも 1972年8月号』につけられたものですが、2024年4月刊のこちらの『われた たまご フィリピン民話』に転載させていただいております。

作品情報

発行日: 2024年04月03日
ISBN: 9784834014563

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
判型:194×268mm ページ数:28ページ

この作品が含まれるシリーズ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

ミフウズラの夫婦が大切にしていた卵が割れていました。そばにウマの足跡があったので、夫婦はなぜ巣を踏んだのか理由を聞きにウマのところにいきました。ウマはニワトリが騒いだせいだといい、ニワトリはサルがヤシの実を落としたせいだといいます。サルからスイギュウ、ヘビ、カメ、ホタル、カ、そして……。次々追いかけて原因を積み重ねていく、昔話らしい楽しいお話。フィリピンのルソン島に伝わるお話です。

ベストレビュー

つみあげうた(きりなしうた)?

フィリピン民話。
ミフウズラの夫婦の留守中、巣の中の卵が割れていたのです。
そばには馬の足跡。
早速夫婦は原因究明に出かけます。
ところが、馬はニワトリに驚いて、ニワトリはサルの落したヤシの身に驚いて、と、
皆他の原因が明らかに。
その様子が、いわゆるつみあげうた(きりなしうた)?で展開していきます。
最後は人間の子ども、ユアンにまで行き着きますが、
彼の理由には、こちらまで納得でしょうか。
それでも、夫婦まで納得してしまうのにはびっくりですが、
昔話らしい大らかさがいいですね。
動物たちの様子が生き生きと描かれ、フィリピンらしい家々の様子など、
絵もたっぷりと楽しんでほしいです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子21歳、男の子19歳)

関連記事

出版社おすすめ




本の世界に踏み出そう〜ディズニーの夏をめいっぱい楽しむ

われた たまご フィリピン民話

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら