となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
りすのパナシ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りすのパナシ

作: リダ・フォシェ
絵: フェードル・ロジャンコフスキー
訳: 石井 桃子
出版社: 童話館出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

りすの目線

りすの生態がくわしくかかれていて、いつしか、りすの目線で森の様子を楽しんでいました。なので、人間がでてきた場面でははっとしました。動物からみた人間はこういう存在なんだ、と。深く考えさせられます。
とはいえ、堅苦しい絵本ではありません。ロジャンコフスキーの描く森や、いきものたちは本当にすばらしく、森の空気が伝わってくるようでした。
(あんじゅじゅさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


リダ・フォシェさんのその他の作品

かものプルッフ / くまのブウル / かわせみのマルタン / 野うさぎのフルー

石井 桃子さんのその他の作品

イーヨーのあたらしいうち / プー あそびをはつめいする / プーのはちみつとり / 子どもに歯ごたえのある本を / ことらちゃんの冒険 / 福音館文庫 山のトムさん ほか一篇



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

りすのパナシ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット