ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
岩波少年文庫 たのしい川べ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 たのしい川べ

  • 児童書
作: ケネス・グレーアム
絵: E.H.シェパード
訳: 石井 桃子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥760 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784001140996

小学4.5年以上

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

人里はなれた静かな川べで素朴な暮らしを楽しんでいるモグラやカワウソたち.わがままで好奇心旺盛なヒキガエル.小さな動物たちがくりひろげるほほえましい事件の数々を,詩情ゆたかに描いた田園ファンタジー.

ベストレビュー

楽しい物語にどっぷり浸って

この長い、滑稽な、ものがたりは、
作者が幼い息子のために即興で作ったお話がもとになっているようです。
挿絵は、「くまのプーさん」の挿絵を描いたE・H・シェパードが描いています。
川べの小動物の様子が想像出来て楽しい挿絵です。
お話の発端は、モグラが、春の大掃除をしていたのですが、
漆喰だらけになって壁塗りをしている最中に、何もかも放り出して外に出てきてしまうのです。
春のうきうきとする陽気が地中にまで届いてじっとしていられなくなったのでしょう。
そのまま川辺に行ったモグラは気の良い野ネズミに声をかけられ、
二人は意気投合して、しばらく野ネズミの家で過ごします。
カワウソやアナグマ、とてもおかしな富豪のヒキガエルなどが出てきて、
長閑な田舎での、面白いお話が繰り広げられます。
動物たちのお話でありながら実に人間臭いと、
読み直す度に思います。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

ケネス・グレーアムさんのその他の作品

たのしい川べ ヒキガエルの冒険

E.H.シェパードさんのその他の作品

イーヨーのあたらしいうち / プー あそびをはつめいする / プーのはちみつとり / プー横丁にたった家 Anniversary Edition / クマのプーさん Anniversary Edition / なんじかな? プーさんのとけい

石井 桃子さんのその他の作品

子どもに歯ごたえのある本を / ことらちゃんの冒険 / 福音館文庫 山のトムさん ほか一篇 / 岩波少年文庫 159 ふくろ小路一番地 / パディントンの大切な家族 / 岩波少年文庫 まぼろしの白馬



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

岩波少年文庫 たのしい川べ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット