貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
石井桃子集 4 幼ものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

石井桃子集 4 幼ものがたり


出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「石井桃子集 4 幼ものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

浦和の古い商家でたくさんの姉兄に囲まれたにぎやかな暮しを見つめる,幼い少女の静かな眼差し−カメラのシャッターがおりたように鮮やかにとらえられた,祖父母,父母,年の離れた姉,近所の人びとの姿….老境に達した著者がつづった,類いまれな幼少期の記憶は,多くの読者の感銘をよび,新境地を開く作品となった.

ベストレビュー

懐かしさで胸がいっぱい

石井さんとは60歳も年の差があるのに、なぜかこの石井さんの幼いときの話を読んでいると、
とても共感できて自分の幼かった頃をどんどん思い出していきました。

石井さんの文章は、とても不思議でご自分のことなのに、第三者のように感情に流されず淡々と書かれています。
よくこんなにも覚えていらっしゃると驚きます。

書かれているうちにどんどん思い出されたようです。
石井さんの原点を見たような気がします。
明治の風景やお店など知らないのに、目の前に広がってきて、かわいらしい桃子ちゃんのすがたも見えてきます。

幼い子でも自分の考えをしっかりと持っていて、大人の行動もよく見ているのですね。
大人のすること、言う事を100%信じているわけじゃないのです。
今、幼い子どもを持っているお母さんにおすすめです。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




サンカクさんとシカクさん、これぞあたらしい友情のかたち?

石井桃子集 4 幼ものがたり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット