ばあ〜っ! ばあ〜っ! ばあ〜っ!の試し読みができます!
作: いしづ ちひろ 絵: くわざわ ゆうこ  出版社: くもん出版
おやこでいっしょに「ばあ〜っ!」 赤ちゃんとの毎日が楽しくなる絵本です!
【フェア開催中!】みんなおめでとう!入園、入学、進級の季節がやってきました♪
石井桃子集 6 児童文学の旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

石井桃子集 6 児童文学の旅


出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「石井桃子集 6 児童文学の旅」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

1954年,初めて欧米にわたった著者は,すぐれた作家や図書館員に出会う.以来,心の友となったそれらの人々を再訪する旅,ポターやファージョンの世界が息づく自然を訪ねる旅,児童文学の国際会議への旅と,いく度か外国旅行を試みる.この体験をまとめた本書には,著者の数十年の思索と心の軌跡がみごとに刻み込まれている.〔解説〕松居直

ベストレビュー

子どもの絵本に関わる人たちに

石井桃子さんのことが知りたくて読んでいます。

主に海外へ行ったことが書かれているのですが、出てくる人物が、渡辺茂男さん、八島太郎さん、ファージョンなど、すごいです。

読むたびにエピソードの一つ一つにワクワクしてしまいました。

の苦労などもさりげなく書かれていて、特にポターの訳は文化背景やイギリスの伝承文化も知らないと難しかったのだなあと思いました。

石井さんの著書を読んでいるといつも思いますが、児童文学に向ける真摯なまなざしと情熱が感じられます。

「あなたは、あのとき、ある本にクリエイティブなものがあるとき、その本はほんとうの『本』になるのだとおっしゃいましたね。

そして創造性と真実をもった本を識別し、それを次の第二手渡すのが図書館の役目だって。」とスミスさんに言った言葉に

石井さんが「私は、いまもそれを信じているんです。」と言い、スミスさんが「モモコ、信じること、それがだいじなんだよ」と言われたところが特に心に残りました。

この本も子どもの本に関わるすべての方に読んでいただきたい本です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

石井桃子集 6 児童文学の旅

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット