だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
魔法使いのABC
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

魔法使いのABC

  • 絵本
作: 安野 光雅 安野 雅一郎
出版社: 童話屋

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

 童話屋が初めて出版した絵本です。表紙が二つあります。奥付も二つあります。はじめから魔法が始まるようで面白いでしょう。でもこれにはワケがあります。

 絵本の主題はアナモルフォーシス。わざとひずませた絵や文字を描いておいて、それを円筒の鏡にうつすことで正しい文字や絵になる、その変化を楽しむ絵本です。

ベストレビュー

魔法のミラー

 これも、しかけ絵本とよぶのでしょうか。不思議をとおり越して、ほんとに「魔法使い」のしわざのようです。
 一見、よくわからない絵なのに「魔法使いのミラー」を本の中央に置くと、はっきり見えるのが驚きです。
 魔法の種明かしが、くわしく書かれていますが、それでもびっくりです。

 アルファベット順に動物が描かれているのも楽しいです。でも、裏表紙からめくると、ちがうものが、、、。
 世界中の子どもも大人も、魔法にかかって楽しめる絵本だと思います。安野さんらしい、計算された美しさがみどころです。
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安野 光雅さんのその他の作品

森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / マッチの気もち / 6月31日6時30分 / 空想工房の絵本 / Eraser けしゴム

安野 雅一郎さんのその他の作品

魔法使いのあいうえお



ハッピーなおやすみのえほん!

魔法使いのABC

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット