話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
むげんことわざものがたり

むげんことわざものがたり(偕成社)

好評につき2刷!ことわざがつながって、ひとつの物語になったおもしろ絵本

  • 笑える
  • 全ページ
  • ためしよみ
まりーちゃんとひつじ

まりーちゃんとひつじ

  • 絵本
作・絵: フランソワーズ
訳: 与田 凖一
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥880

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1956年12月
ISBN: 9784001151145

出版社のおすすめ年齢:4・5歳〜

この作品が含まれるシリーズ

おはなし

 木の下にすわったまりーちゃんが、ひつじのぱたぽんに話しかけます。「ぱたぽん、おまえはいつか子供を一匹うむでしょう。そうしたら、その毛を売って、好きなものが何でも買える……」とまりーちゃん。すると、ぱたぽんは「子供が一匹できるでしょう。そうしたら緑の原っぱに住むでしょう」と話します。まりーちゃんは再び「ぱたぽん、おまえはいつか子供を二匹うむでしょう……」。こうして二人は羊の子供の数が増えるたび、その毛を売ってどんなことができるかという夢を語り合います。新しい靴、青い花のついた赤い帽子、お祭りのメリーゴーランド……とまりーちゃんが話せば、ぱたぽんはひなぎくの花が咲き乱れる原っぱに住むことに思いを寄せます。
 さて、ぱたぽんは羊の子供を何匹うんだのでしょう、そして二人の夢はどうなったのでしょう?

みどころ

 「まりーちゃんとひつじ」「まりーちゃんのはる」の2編が収録された可愛らしい絵本。いずれも、南欧の素朴な田園地帯を背景に幼児の素直な喜び、楽しみを語っています。「まりーちゃんとひつじ」は数を数える本でもあり、羊の数が増えるたびに数字の1から7までが紹介されます。
 まりーちゃんシリーズの一番の魅力は、何といっても繰り返し表現を含むわかりやすい文章と水彩による優しげなイラストです。羊のぱたぽんの存在は、子供の真っ白で純粋な気持ちを象徴しているかのようにも受け取ることができ、「ぱたぽん」という響きに引かれる子供たちも多いことでしょう。ストーリーは登場人物の会話を基本に進められ、彼らの純真な気持ちをそのまま表現しています。穏やかな語り口調も、忘れてはならない特徴ですね。また、まりーちゃん、ぱたぽん、「まりーちゃんのはる」で登場するぴえーるくん、あひるのまでろん、めりーちゃん、まいけるくんなどは名前が太字で表記され、活字という視覚からも読者にうったえます。
 日本での初版は1956年で、以来多くの幼児の心を魅了してきた古典的絵本です。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

  小さなマリーちゃんと羊のパタポンは,大の仲よし.パタポンが子羊をたくさん産んでくれたらと,マリーちゃんは楽しみに待っています.詩のようにリズミカルな原文の味わいを生かした,かわいい絵本.

ベストレビュー

訳が何だか詩的な感じ?

図書館で、表紙がかわいらしかったので、つい借りてしまいました。

昔の絵本なんですね〜道理で、訳がちょっとかたい感じで、でも詩的な感じでした。

ひつじの名前が「ぱたぽん」って言うのが、何ともかわいいです!
絵も、「こんな布があったら欲しい〜!」って感じの優しい色使いでとっても私好みでした!

4歳の息子も、メリーゴーラウンドとか出て来るので、楽しそうに聞いてくれました。
(もももももさん 30代・ママ 男の子3歳、男の子0歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,320円
2,090円
1,650円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
3,520円
3,410円
1,870円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

まりーちゃんとひつじ

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 54人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 2人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら