貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
機関車シュッポと青い しんがり貨車
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

機関車シュッポと青い しんがり貨車

作: リディア・フリーマン ドン・フリーマン
絵: リディア・フリーマン ドン・フリーマン
訳: 山下 明生
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

シュッポはかつてロッキー山脈のふもとで除雪車として活躍していた古い機関車。ある日、線路脇の青くて古い、しんがり貨車に目がとまりました。この列車も、かつてサーカス団一行を町から町へと案内していた貨車でした。両者とも、時代とともに人々の役にたたなくなり忘れられていたのですが、ある時、町全体がひどいストームに襲われたときのこと・・・・・・。

ベストレビュー

心温まる交流

ドン・フリーマンと奥さんのリディアとの共作です。

乗り物好きなお子さんが表紙につられて買ったというお話も聞いています。

ドン・フリーマン、優しくほのぼのとした作風が好きなのですが、もう一つ世の中から忘れられているものたち、小さいものたちへの優しいまなざしが感じられるのも好きな理由です。

このお話も、見捨てられた青い貨車と小さな機関車シュッポが登場します。二人の心温まる交流がいいなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

リディア・フリーマンさんのその他の作品

オペラハウスのなかまたち

ドン・フリーマンさんのその他の作品

ハロウィーンのまじょティリー うちゅうへいく / ドングリさがして / ダッシュだ、フラッシュ! / 門ばんネズミのノーマン / ハロウィーンのまじょティリー / しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです

山下 明生さんのその他の作品

ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ / ハリネズミ・チコ(3) フライパン号でナポレオンの島へ / だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく



南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

機関車シュッポと青い しんがり貨車

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット