もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おばあちゃんのきおく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあちゃんのきおく

作品情報

発行日: 2007年11月
ISBN: 9784062142960

出版社からの紹介

「きおくって、なに?」
小さな男の子のひたむきな思いが 大好きなおばあちゃんの、なくした記憶をよびもどす。
日野原重明氏の翻訳絵本!

小さなウィルぼうやは、となりのホームにくらすお年寄りの人たちとなかよしです。へいのあなをくぐって、遊びにいきますが、ある日、大好きなナンシーおばあちゃんの「きおく」が見つからなくなってしまったと知ります。おばあちゃんの大切な「きおく」をさがすために、ウィルぼうやがしたことは……。

ベストレビュー

優しさがにじみ出ている

優しさがにじみ出ている表紙に見とれてこの絵本を選びました。内容もとても温かな感動する物でした。年をとったら記憶を失う事は致し方ない事なのかなと思っていましたがこの絵本を読んで考えが変わりました。大切なのは相手を思いやる気持ちなのだと主人公から学びました。何とかしてあげたいという気持ちこそあれば人の心には響くものなのだと思いました。温かな文章と共に温かい絵もとても素晴らしかったです。主人公の男の子は心から御婆ちゃんを思っていたからこそ御婆ちゃんの記憶を取り戻す事に成功したのだと思いました。
(ぴょーん爺の娘さん 30代・ママ 女の子1歳)

出版社おすすめ


メム・フォックスさんのその他の作品

こんにちはあかちゃん / こんにちはあかちゃん / ポスおばあちゃんのまほう / Time for Bed

日野原重明さんのその他の作品

戦争といのちと聖路加国際病院ものがたり / だいすきなおばあちゃん / To my 10−year−old friends from a 95−year−old−me / 働く。 社会で羽ばたくあなたへ / いのちのバトン / こぶたくんのめいそう(瞑想)



『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー

おばあちゃんのきおく

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット